東京発 〓 新日本フィルハーモニー交響楽団の次期音楽監督に佐渡裕

2021/08/27

新日本フィルハーモニー交響楽団(New Japan Philharmonic)が8月27日、次期音楽監督に佐渡裕(Yutaka Sado)を迎えると発表した。2016年からその任にあった上岡敏之の後任で、第5代音楽監督となる。任期は2023年4月から2027年3月までの4年。

佐渡は京都生まれの60歳。故レナード・バーンスタイン、新日本フィルの創設者で桂冠名誉指揮者でもある小澤征爾に師事。1989年のフランスのブザンソン国際指揮者コンクール優勝後、旺盛な指揮者活動を展開してきた。

現在、オーストリアのトーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督、兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者を務める。

新日本フィルとの初共演は1988年で、ブザンソン国際指揮者コンクール優勝後最初の国内デビュー・コンサートでも共演。その後、1992年から1995年まで新日本フィルの指揮者陣に加わり、これまでに90回以上の共演を重ねてきた。

佐渡は2022年4月から1年間、音楽監督就任に先立ちミュージック・アドヴァイザーに就任、音楽監督の活動に向けて始動するという。新日本フィルは2021/2022シーズンは創立50周年という節目で、佐渡は2022年1月の「すみだクラシックの扉」から、50周年を彩る公演の指揮台にも立つ。

写真:Peter Rigaud


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 アガ・ミコライ, ポーランドのソプラノ歌手

  2. サンタンデール発 〓 スペインの音楽祭は8月催行へ

  3. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  4. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー, オーストラリアの演出家

  5. 浜松発 〓 浜松国際ピアノコンクールが第11回コンクールの開催概要を発表

  6. タンペレ発 〓 サントゥ=マティアス・ロウヴァリが2022/2023でタンペレ・フィルの芸術監督兼首席指揮者を退任

  7. 静岡発 〓 プロ・オーケストラ「富士山静岡交響楽団」が発足、静岡交響楽団と浜松フィルの合併で

  8. ザルツブルク発 〓 オーストリア政府、祝祭大劇場などの改修工事に10年300億円強

  9. モントリオール発 〓 モントリオール交響楽団がケント・ナガノに名誉指揮者の称号

  10. ベルリン発 〓 バレンボイムが19日に現場復帰

  11. フランクフルト発 〓 メゾ・ソプラノのクラウディア・マーンケにフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号

  12. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウがリベンジへ、来年5月に「マーラー・フェスティバル」

  13. 訃報 〓 ロランド・パネライ, イタリアのバリトン歌手

  14. ボローニャ発 〓 ボローニャ市立歌劇場が音楽監督にオクサーナ・リーニフ

  15. マルメ発 〓 スウェーデンのマルメ歌劇場が首席客演指揮者に自国の指揮者パトリック・リングボリ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。