ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 2021年の音楽祭の日程を発表

2021/01/31

イタリア・ペーザロで行われているロッシーニ・オペラ・フェスティバル(Rossini Opera Festival)が2021年の音楽祭の日程を発表した。それによると、開幕は8月9日で閉幕は22日。《モーセとファラオ》、《イングランドの女王エリザベッタ》、《ブルスキーノ氏》、《スターバト・マーテル》の4つの新制作を含め、25の公演が行われる。

9日の開幕を飾るのは《モーセとファラオ》。1818年にナポリで初演された《エジプトのモーセ》を改作して、1827年パリで初演された作品で、ピエール=ルイジ・ピッツィが新演出を手掛ける。ジャコモ・サグリパンティ指揮のRAI国立交響楽団。歌手陣にはロベルト・タリアヴィーニ、アーウィン・シュロット、アンドリュー・オーエンス、エレオノーラ・ブラットらが起用される。

音楽祭を締め括るのは22日に行われるガラ・コンサート。「ガラ・ロッシーニ」と銘打たれ、ファン・ディエゴ・フローレスの音楽祭デビュー25周年も祝う。ミケーレ・スポッティ指揮のRAI国立交響楽団をバックに、フローレスの他、エレオノーラ・ブラットら音楽祭出演の歌手が多数出演する。

また、期間中に行われるアカデミー「アルベルト・ゼッダ」では、エミリオ・サージの原演出をマッテオ・アンセルミが再演出した《ランスへの旅》の上演に取り組む。こちらはルカ・バッラービオがロッシーニ交響楽団を指揮する。

写真:Rossini Opera Festival


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ボローニャ発 〓 ボローニャ市立歌劇場が音楽監督にオクサーナ・リーニフ

  2. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が《エルナーニ》を無料ストリーミング

  3. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 来年2021年のスケジュールを発表

  4. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭も開催断念

  5. サヴォンリンナ発 〓 オペラ・フェスティバルが2021年夏の公演ラインナップを発表

  6. トリノ発 〓 リッカルド・ムーティがストリーミングのための《コジ・ファン・トゥッテ》を指揮してトリノ歌劇場にデビュー

  7. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 音楽祭の開催を断念、新型コロナウイルスの感染拡大で

  8. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  9. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  10. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  11. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  12. ローマ発 〓 劇場の閉鎖など、イタリア全土で4月3日まで継続

  13. マルチナ・フランカ発 〓 ヴァッレ・ディートリア音楽祭の次期芸術監督にセバスチャン・シュワルツ

  14. ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 〓 開催中止を発表、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大受け

  15. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。