ニューヨーク発 〓 ジュリアード音楽院が作曲科の科長ロバート・ビーザーをセクハラ疑惑で休職に

2022/12/25

米国のジュリアード音楽院が23日、作曲科の科長を務めるロバート・ビーザー(Robert Beaser)を性的虐待の疑いで休職にしたと発表した。音楽院の広報担当者は声明の中で、「私たちの学校コミュニティには、性的差別やセクハラは存在しない。疑惑については極めて深刻に受け止めている」と述べている。

今回の告発は、ベルリンを拠点とするクラシック音楽のWEBサイト「Van」が12日に行ったもの。ビーザーが1990年代後半から2000年代にかけ、出世の手助けをする見返りに学生に性行為を要求していたと伝えており、少なくとも4人の女性作曲家がビーザーに対する疑惑は学科内の「公然の秘密」だったと語っている。

また、告発によると、500人近い音楽家が、彼の「数十年にわたる女性への暴行と権力の乱用」疑惑に対して音楽院が行動することを求める公開書簡に署名しているという。

ビーザーはボストン生まれの68歳。父親が物理学者、母親が化学者という糧で育ち、16歳でローマのアメリカン・アカデミーが贈る「ローマ賞」を史上最年少で受賞するなど、若くして音楽家として才能が認められた。イェール大学を1976年に首席で卒業している。

1986年に《マウンテン・ソング》でグラミー賞の「ベスト・コンテンポラリー部門」にノミネートされ、1993年に音楽院作曲科の教授兼学科長に就任。1999年のテレビ番組《愛の食べ物》の音楽は2000年の「エミー賞」にノミネートされた。

告発についてビーザーは「ニューヨーク・ポスト」紙に対して「私は自分の評判を守るため、ジュリアード音楽院の外部調査に参加することを望んでいます。学校がこのプロセスを終えるまで、私は教職を休職することに同意しています」というコメントを発表している。

写真:Royal Scottish National Orchestra / José Serebrier


関連記事

  1. バイロン・ジャニス(85)米国のピアニスト

  2. レノックス発 〓 タングルウッド音楽祭が2024年のスケジュールを発表、ドゥダメルが2006年以来久々に登場

  3. ハノーファー発 〓 名門レーベル「ドイツ・グラモフォン」がヨアナ・マルヴィッツと契約、女性指揮者は二人目

  4. 訃報 〓 ディミトリー・ホフストフスキー(55)ロシア出身のバリトン歌手

  5. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  6. ローマ発 〓 カウフマンが初のカラフ役、パッパーノと《トゥーランドット》全曲録音へ

  7. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  9. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン(74)米国のソプラノ歌手

  10. 東京発 〓 NHK交響楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  11. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルのウクライナ支援のチャリティー・コンサートに4,000万円超の善意

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  13. 訃報 〓 ロランド・パネライ(95)イタリアのバリトン歌手

  14. 訃報 〓 ネッロ・サンティ(88)イタリアの指揮者

  15. ボン発 〓 ディルク・カフタン指揮のボン・ベートーヴェン管がベートーヴェンの交響曲第10番を世界初演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。