ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

2019/09/06
【最終更新日】2019/10/17

米国のAP通信(Associated Press)が6日、世界的なテノール歌手プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)によるセクシャル・ハラスメントを告発する新たに11人の証言を集めた記事を配信した。AP通信は8月13日、9人の証言を集めた記事を配信、オペラ界に大きな衝撃を与えた。その第2弾。証言の多くはワシントン・オペラ、ロサンゼルス・オペラを舞台としたもの。ドミンゴは1996年から2011年までワシントン・オペラの芸術監督を務め、2001年からロサンゼルス・オペラの総監督を務めている。

今回はソプラノ歌手のアンジェラ・ターナー・ウィルソン、ロサンゼルス・オペラの元プロダクション・コーディネーターだったメリンダ・マクレインが二人が実名で証言した。11人は望まないのに触れられた、キスされた、しつこい面会要求があった、夜遅い時間の電話といった行為について証言。中でも、米国内の歌劇場で活動し、現在はテキサスのクリスチャン大学で准教授を務めているウィルソンは、1999/2000シーズンにワシントン・オペラの《ル・シッド》の公演で共演した際、ドミンゴがローブの内側に手を伸ばして胸を掴んだと具体的な被害を語っている。

APの報道に対して、ドミンゴが総監督を務めるロサンゼルス・オペラは、告発内容を「極めて深刻に受け止めている」とした上で、「調査が行われている間はさらなるコメントは控える」と発表した。また、ドミンゴの広報担当ナンシー・セルツァーは「新たな告発は矛盾に満ちており、当初の告発と同様に、多くの点で、正しくない。調査が続いている間は具体的なコメントは控えるが、APが描こうとしている誤解を招くような内容には強く異議を唱える」とコメントを出した。

写真:The National / Antonie Robertson


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 シティ・オペラの音楽監督兼首席指揮者にコンスタンチン・オルベリアン

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンをキャンセル

  3. 訃報 〓 レオン・フライシャー, 米国のピアニスト

  4. チャールストン発 〓 米国の音楽祭でもキャンセル始まる、スポレート芸術祭USAが開催中止に

  5. シンシナティ発 〓 シンシナティ・オペラがサマーフェスティバルのスケジュールを発表

  6. ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

  7. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  8. ロサンゼルス発 〓 ジェームズ・コンロンがロサンゼルス・オペラとの契約を延長

  9. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴがロサンゼルス・オペラの総監督を辞任

  10. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  11. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  12. ロサンゼルス発 〓 第63回「グラミー賞」発表

  13. バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

  14. ニューヨーク発 〓 ブロードウェイ地区、2021年5月末まで劇場閉鎖を延期

  15. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがネット上で「マーラー・デジタル・フェスティバル」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。