ケベック発 〓 空席だったケベック響の音楽監督にクレメンス・シュルト

2022/12/15

カナダのケベック交響楽団(Orchestre symphonique de Québec)が空席になっている音楽監督にドイツ人指揮者クレメンス・シュルト(Clemens Schuldt)を迎えると発表した。2020年で退任したファビアン・ガベルの後任で、任期は2023/2024から。

シュルトはドイツ・ブレーメン生まれの38歳。2006年からミュンヘン室内管弦楽団の首席指揮者に就任、2010年にロンドン交響楽団主宰の「ドナテッラ・フリック指揮者コンクール」で優勝した。

その後、ロンドン交響楽団の副指揮者を務めてワレリー・ゲルギエフ、サイモン・ラトルらの元で研鑽を積むかたわら、さまざまなオーケストラに客演して活躍の場を広げ、ミュンヘン室内管弦楽団は2021/2022シーズンで退任している。

写真:Orchestre symphonique de Québec / Marco Borggreve


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィルのコンサートマスターに

  2. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  3. 東京発 〓 東フィルが2024シーズンのラインナップを発表

  4. ミュンヘン発 〓 ソプラノ歌手のアニヤ・ハルテロスが2024年の活動休止を発表、家族の看病に専念

  5. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  6. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  7. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が《薔薇の騎士》を無料ストリーミング

  8. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」は史上初の無観客で

  9. 訃報 〓 エフゲニー・ネステレンコ(83)ロシアのバス歌手

  10. シカゴ発 〓 リリック・オペラが音楽監督のエンリケ・マッツォーラとの契約を延長

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  12. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場など、オーストリアの劇場閉鎖は3月末までに延長

  13. 訃報 〓 ルイ・アンドリーセン(82)オランダの作曲家

  14. パリ発 〓 マクロン大統領が3回目となる全国的なロックダウンを宣言

  15. ボーンマス発 〓 ボーンマス響の次期首席指揮者にマーク・ウィッグルスワース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。