ラスベガス発 〓 第64回「グラミー賞」発表

2022/04/05

第64回「グラミー賞=Grammy Award」が現地時間の3日、ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。元々は1月31日に開催予定だったが、新型コロナウイルスの世界的流行で延期されていた。受賞作は以下の通り。

メゾ・ソプラノの藤村実穂子が参加したグスターボ・ドゥダメル指揮のマーラーの交響曲第8番が「最優秀クラシック合唱」部門、チェロ奏者の松本エルが参加したアルバム『Mythologies』が「最優秀クラシック・ソロ・ヴォーカル・アルバム」を受賞している。

<最優秀録音アルバム>
 ●Chanticleer Sings Christmas
  レスリー・アン・ジョーンズ(録音)

<最優秀プロデューサー(クラシック)>
 ●ジュディス・シャーマン
        
<最優秀オーケストラ・パフォーマンス>
 ●フローレンス・プライス:交響曲第1番・第3番
  ヤニック・ネゼ=セガン(指揮)
  フィラデルフィア管弦楽団、他

<最優秀オペラ・レコーディング>
 ●フィリップ・グラス:歌劇《アクナーテン》
  カレン・カメンセク(指揮)
  メトロポリタン歌劇場管弦楽団、他
 
<最優秀合唱パフォーマンス>
 ●マーラー:交響曲第8番《千人の交響曲》
  グスターボ・ドゥダメル(指揮)
  ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、他

<最優秀室内音楽 – 小編成パフォーマンス>
 ●Hope Amid Tears – ベートーヴェン:チェロ・ソナタ全曲集
  ヨーヨー・マ(チェロ)
  エマニュエル・アックス(ピアノ)

<最優秀クラシック・インストゥルメンタル – ソロ>
 ●Alone Together
  ジェニファー・コー(ヴァイオリン)

<最優秀クラシック・ヴォーカル・アルバム – ソロ>
 ●Mythologies
  サンゲータ・カウル & ヒラ・プリトマン(ヴォーカル)

<最優秀クラシック作品集>
 ●Women Warriors – The Voices Of Change
  エイミー・アンダーソン(指揮)

<最優秀コンテンポラリー・クラシック・コンポジション>
 ●Narrow Sea
  キャロライン・ショウ(作曲)
  ドーン・アップショー(ソプラノ)
  ギルバート・カリッシュ(ピアニスト)
  Sō Percussion(パーカッション)

写真:Grammy Award


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  2. 訃報 〓 ジョーゼフ・カリクシュタイン, イスラエルのピアニスト

  3. モスクワ発 〓 2021年の「オペラリア」はボリショイ劇場で開催

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表

  5. ポズナン発 〓 スタニスワフ・モニューシュコ大劇場が新制作の《幽霊屋敷》の初日9日の公演をライブ・ストリーミング

  6. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンをキャンセル

  7. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  8. ブッパータール発 〓 市の音楽総監督に25歳のパトリック・ハーン

  9. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  10. 東京発 〓 新日本フィルハーモニー交響楽団の次期音楽監督に佐渡裕

  11. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  12. マルメ発 〓 スウェーデンのマルメ歌劇場が首席客演指揮者に自国の指揮者パトリック・リングボリ

  13. ニュルンベルク発 〓 ニュルンベルク交響楽団の首席指揮者を今シーズンで退任、カーチュン・ウォン

  14. ペーネミュンデ発 〓 ニューヨーク・フィルが新型コロナの世界的流行以来初の海外公演、ドイツ・ウーゼドム音楽祭に客演

  15. 訃報 〓 クリスタ・ルートヴィヒ, ドイツのメゾ・ソプラノ歌手

  1. That cellist was simply lucky to play in a recording that was selected for a Grammy. Thousands of cellists at music conservatory around the world can play like that or much better.

    Japanese are famous for doing everything possible to promote Japanese musicians while doing everything in their power to keep non Japanese from the stage, unless it directly benefits them (local music managers, concert promoters, etc.). It’s so disgusting and shameful.

  1. この記事へのトラックバックはありません。