訃報 〓 ペーター・スヴェンソン(57)ドイツのテノール歌手

2021/08/14
【最終更新日】2023/02/06

ヘルデンテノールとして活躍したドイツのペーター・スヴェンソン(Peter Svensson)が7月29日、ウィーンで亡くなっているのが見つかった。57歳だった。新型コロナウイルスの療養中で、父親が発見したという。ウィーン国立歌劇場などを中心に国際的に活躍した。

ウィーン生まれで、ウィーン少年合唱団のソプラノ・ソリストを経て、ウィーン音楽院とウィーン国立音楽大学で学ぶ、フリッツ・ウール、ジェームズ・キングに師事。リヒャルト・ワグナー協会から奨学金も授与され、その後、ベルリンでライナー・ゴルトベルクとルネ・コロの下で研鑽を積んだ。

1989年に音楽監督のクラウディオ・アバドによってウィーン国立歌劇場に採用されて活躍。その後、ワーグナー作品のヒーロー役を歌うヘルデンテノールとして国際的な活躍の場を広げた。チェコのプラハ国立歌劇場のメンバーも2007年まで16年間務めた。

2007年に肺塞栓症、また、2009年には事故にあったが、ステージにカンバック。最近はワーグナーの歌劇・楽劇を上演しているオーストリアのヴァインフィアテル音楽祭(Weinviertler Festspiele)の共同創設者として起ち上げに加わっていた。

写真:Weinviertler Festspiele





関連記事

  1. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はまたまたネルソンス、クラシック統計ランキングで

  2. デトロイト発 〓 デトロイト響が音楽監督のヤデル・ビニャミーニとの契約を延長

  3. 訃報 〓 グレース・バンブリー(86)米国のメゾ・ソプラノ歌手

  4. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ響との契約を延長

  5. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチが喉の手術で休養

  6. ベルリン発 〓 指揮者サイモン・ラトルにドイツ連邦政府最高位の勲章

  7. パリ発 〓 ニコール・カー、エティエンヌ・デュピュイ夫妻がフリーのアーティストを支援するファンドを設立

  8. ザルツブルク発 〓 暴力事件で謹慎中のガーディナー、来夏のザルツブルク音楽祭で現場復帰か?

  9. ミュンヘン発 〓 ドイツ・サッカー界の“皇帝”フランツ・ベッケンバウアーの追悼式でカウフマンが熱唱

  10. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  11. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  12. 訃報 〓 メゾ・ソプラノ(92)ヴァレンティナ・レフコ

  13. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの次期芸術監督にファン・ディエゴ・フローレス

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが《マゼッパ》の公演を断念、新型コロナで主役降板

  15. 訃報 〓 ヴォロディミル・コジュハーリ(82)ウクライナの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。