訃報 〓 ペーター・スヴェンソン, ドイツのテノール歌手

2021/08/14

ヘルデンテノールとして活躍したドイツのペーター・スヴェンソン(Peter Svensson)が7月29日、ウィーンで亡くなっているのが見つかった。57歳だった。新型コロナウイルスの療養中で、父親が発見したという。ウィーン国立歌劇場などを中心に国際的に活躍した。

ウィーン生まれで、ウィーン少年合唱団のソプラノ・ソリストを経て、ウィーン音楽院とウィーン国立音楽大学で学ぶ、フリッツ・ウール、ジェームズ・キングに師事。リヒャルト・ワグナー協会から奨学金も授与され、その後、ベルリンでライナー・ゴルトベルクとルネ・コロの下で研鑽を積んだ。

1989年に音楽監督のクラウディオ・アバドによってウィーン国立歌劇場に採用されて活躍。その後、ワーグナー作品のヒーロー役を歌うヘルデンテノールとして国際的な活躍の場を広げた。チェコのプラハ国立歌劇場のメンバーも2007年まで16年間務めた。

2007年に肺塞栓症、また、2009年には事故にあったが、ステージにカンバック。最近はワーグナーの歌劇・楽劇を上演しているオーストリアのヴァインフィアテル音楽祭(Weinviertler Festspiele)の共同創設者として起ち上げに加わっていた。

写真:Weinviertler Festspiele





関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが家族向けコンサートを国連難民高等弁務官事務所と共催

  2. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  3. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が「カラカラ浴場」での公演を再開、2022年の夏から

  4. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  5. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルがネット上で特別ガラ・コンサート、投稿でドレスアップ度コンテストも

  6. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクが正式にベルリン・フィルのコンサートマスターに

  7. フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管が「男性メンバーの燕尾服着用をやめる」

  8. モスクワ発 〓 2021年の「オペラリア」はボリショイ劇場で開催

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表

  10. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、岡本誠司が優勝

  11. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の音楽監督を辞任

  12. リガ発 〓 指揮者のカレル・マーク・チチョンがラトビア国籍を取得

  13. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 ネトレプコ主演の《トゥーランドット》はコンサート形式で

  14. エレバン発 〓 ハチャトゥリアン国際コンクールの指揮部門で出口大地が第1位

  15. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。