訃報 〓 ペーター・スヴェンソン, ドイツのテノール歌手

2021/08/14

ヘルデンテノールとして活躍したドイツのペーター・スヴェンソン(Peter Svensson)が7月29日、ウィーンで亡くなっているのが見つかった。57歳だった。新型コロナウイルスの療養中で、父親が発見したという。ウィーン国立歌劇場などを中心に国際的に活躍した。

ウィーン生まれで、ウィーン少年合唱団のソプラノ・ソリストを経て、ウィーン音楽院とウィーン国立音楽大学で学ぶ、フリッツ・ウール、ジェームズ・キングに師事。リヒャルト・ワグナー協会から奨学金も授与され、その後、ベルリンでライナー・ゴルトベルクとルネ・コロの下で研鑽を積んだ。

1989年に音楽監督のクラウディオ・アバドによってウィーン国立歌劇場に採用されて活躍。その後、ワーグナー作品のヒーロー役を歌うヘルデンテノールとして国際的な活躍の場を広げた。チェコのプラハ国立歌劇場のメンバーも2007年まで16年間務めた。

2007年に肺塞栓症、また、2009年には事故にあったが、ステージにカンバック。最近はワーグナーの歌劇・楽劇を上演しているオーストリアのヴァインフィアテル音楽祭(Weinviertler Festspiele)の共同創設者として起ち上げに加わっていた。

写真:Weinviertler Festspiele





関連記事

  1. 東京発 〓 東京都交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  2. ブレゲンツ音楽祭 〓 2024年と2025年のオペラはウェーバー《魔弾の射手》

  3. ウィーン発 〓 エリザーベト・レオンスカヤがモーツァルトのピアノ・ソナタ全集をリリース

  4. パリ発 〓 パリ国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. 訃報 〓 ヘルムート・ヴィンシャーマン, ドイツの指揮者・オーボエ奏者

  6. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールの予備予選終了、日本からは14人が本大会へ

  7. プラハ発 〓 チェコ・フィルのコンサートマスターにヤン・フィッシャー、オルガ・シュロウブコバの後任

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第5週・4月第1週のストリーミング配信ラインナップを発表

  9. 訃報 〓 ゲオルク・シュメーエ, ドイツの指揮者

  10. ローマ発 〓 カウフマンが初のカラフ役、パッパーノと《トゥーランドット》全曲録音へ

  11. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  12. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  13. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  14. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  15. ハンブルク発 〓 新しい「アルゲリッチ音楽祭」でデュトワはドイツに復帰

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。