ボルティモア発 〓 ボルティモア響の芸術顧問に指揮者のジェームズ・コンロン

2020/11/18

ボルティモア交響楽団(Baltimore Symphony Orchestra)が来シーズン2021/20222シーズンから指揮者のジェームズ・コンロン(James Conlon)を芸術顧問に迎えることになった。ボルティモア響では、2005年から長く音楽監督を務めてきたマリン・オールソップが2019/2020シーズンを最後に退任して桂冠指揮者となった後、そのポストが空席になっているが、コンロンは音楽監督には就任しないという。

コンロンはニューヨーク生まれの70歳。 父親はアイルランド系、母親はドイツ人とイタリア人。これまでロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団(1983-1991)、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団とケルン歌劇場(1989-2002)、パリ国立オペラ(1995-2004)の音楽監督を歴任。その後、2006年からロサンジェルス・オペラの音楽監督、2016年からイタリア・トリノを本拠地にするRAI国立交響楽団の首席指揮者を務めている。

写真:jamesconlon.com


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ラヴェッロ発 〓 バルトリが「モナコ公の音楽家たち」とのツアーをスタート

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  4. シカゴ発 〓 リリック・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. レイクシティ発 〓 パイプオルガン大手ドブソン本社が全焼

  6. ワルシャワ発 〓 台湾政府がショパン国際ピアノ・コンクールに抗議、国名表記めぐり

  7. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  8. ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル発 〓 ブランデンブルク響の首席指揮者にオリヴィエ・タルディ

  9. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  10. ビリニュス発 〓 ヴァイオリンのヤッシャ・ハイフェッツ・コンクールで、スペインのハビエル・コメサーニャが優勝

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、新制作の《パルジファル》の上演を延期

  12. 訃報 〓 ロランド・パネライ, イタリアのバリトン歌手

  13. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で、フランスのジョナサン・フルネルが優勝

  14. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  15. ニューヨーク発 〓 モーストリー・モーツァルト・フェスティバルも開催中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。