ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンがアバドの生誕90年を記念して、残された録音をすべて収録した限定ボックス・セットをリリース

2022/12/24

イタリアの指揮者、故クラウディオ・アバドの生誕90年を記念して、老舗レーベル「ドイツ・グラモフォン」が残された前録音を一挙に集めたボックス・セット「Claudio Abbado – The Complete Recordings」を来年2月に発売すると発表した。

ボックス・セットは「ドイツ・グラモフォン」と共にユニバーサル傘下の「デッカ」レーベル、「フィリップス」レーベルの録音も集められたまさに“遺産”で、257枚のCDと8枚のDVDで構成されている。2,650枚限定発売。

写真:Deutsche Grammophon  / Peter Fischli



  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ響との契約を延長

  2. ミラノ発 〓 スカラ座が5月、ネトレプコのリサイタルを予定

  3. ブレーメン発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にシュテファン・クリンゲレ

  4. ミュンヘン発 〓 ゲルトナープラッツ劇場のジェニファー・オローリン、ルシアン・クラスネクにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  5. サンクト・ペテルブルク発 〓 ゲルギエフが本拠地マリインスキー劇場に復帰、続いてモスクワで《ニーベルングの指環》

  6. ニュルンベルク発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にローランド・ベーア、ヨアナ・マルヴィッツの後任

  7. ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

  8. アテネ発 〓 国立歌劇場がオッフェンバック《ホフマン物語》をギリシャ初演へ

  9. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがストリーミングのための新しいプラットフォームを起ち上げ

  10. ベルリン発 〓 ドイツの演出家クラウス・グートがロシアの「ゴールデン・マスク賞」の受賞を拒否

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《トリスタンとイゾルデ》を31日にライブ・ストリーミング

  12. ハノーファー発 〓 指揮者のインゴ・メッツマッハーがヘレンハウゼン芸術祭の芸術監督を“卒業”

  13. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭が2024年の「レナード・バーンスタイン賞」をチェロのアナスタシア・コベキナに

  14. ロンドン発 〓 指揮者のサカリ・オラモがBBC響との契約を延長

  15. ルツェルン発 〓 延期されていたアンドラーシュ・シフのコンサートの中止決定、新型コロナウイルスの感染拡大止まず

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。