ニューヨーク発 〓 テノールのステファン・グールドが健康上の理由で引退を表明

2023/08/25
【最終更新日】2023/09/21

ステファン・グールド(Stephen Gould)が引退を発表した。引退の理由は「健康上の理由」。この夏のドイツ・バイロイト音楽祭では、《神々の黄昏》のジークフリート、《トリスタンとイゾルデ》のトリスタン、《タンホイザー》のタンホイザーにキャスティングされていたが、すべて降板している。

ステファン・グールドは米国ヴァージニア州生まれの62歳。ボストンのニューイングランド音楽院で学んだ後、シカゴ・リリック・オペラなどでオペラに出演を重ねた後、7年にわたってミュージカル「オペラ座の怪人」に出演。その後、オペラの世界に舞い戻った。

その後、力強く、ドラマチックな声を意味する「ヘルデンテノール」を代表する一人として、ウィーン国立歌劇所をはじめとする著名な歌劇場でワーグナー作品を中心に歌い、2015年にはオーストリア政府から「宮廷歌手」の称号を授与されている。

マネジメントから発表された声明で「30年のキャリアと、多くの優れた芸術家たちとの出会いとコラボレーションに感謝」と述べているが、引退後については言及されていない。

写真:Bayreuther Festspiele / Enrico Nawrath


関連記事

  1. 訃報 〓 アントン・コッポラ(102)米国の指揮者、作曲家

  2. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場の古楽オーケストラ「シンティラ管」の芸術監督にリッカルド・ミナーシ

  3. ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表、なんと15曲中14曲が初出、少女合唱団の初共演も話題

  4. アムステルダム発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがオランダ国立オペラ、オランダ・フィルの首席指揮者を退任

  5. ソウル発 〓 ソウル・ポップス・オーケストラのウクライナ人3人がロシアの侵略から祖国を守るため帰国、従軍

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. マドリード発 〓 ポリーニが来年4月のスペイン・ツアーをキャンセル

  8. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  9. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの次期芸術監督にファン・ディエゴ・フローレス

  10. 訃報 〓 ヤープ・シュレーダー(95)オランダのヴァイオリン奏者

  11. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  12. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  13. パリ発 〓 テノールのアラーニャが「レジオンドヌール勲章」を受章

  14. マンチェスター発 〓 空席だったBBCフィルハーモニックの首席指揮者にヨン・ストルゴールズ

  15. サンタフェ・オペラ 〓 2021年夏の公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。