ロンドン発 〓 ブリン・ターフェルがイングリッシュ・ナショナル・オペラ存続のための嘆願活動

2022/11/24

英国のバス・バリトン歌手ブリン・ターフェル(Bryn Terfel)がイングリッシュ・ナショナル・オペラ(ENO=English National Opera)支援の嘆願活動を始めた。イングリッシュ・ナショナル・オペラは先日発表された英国の文化予算削減策の中で、予算の配分を行っているアーツカウンシル・イングランドの配分リストから外され、今後の活動に暗雲が漂っている。

嘆願書はデジタル・文化・メディア・スポーツ担当大臣に宛てられたもの。「私たちは政府に対し、ENOをアーツカウンシル・イングランドのナショナル・ポートフォリオ団体から外すことを根本的に考え直すよう求めます」としている。

ENOはすべての作品を英語で上演しているオペラ・カンパニー。1968年に本拠地をロンドン・コロシアムに移し、1974年から現在の名称を使って活動を続けてきた。チケット価格も低く抑え、どの作品も手話付き上演が必ず一回組み込まれるなど、オペラへの敷居を低くしようとする姿勢で知られてきた。

嘆願書の中でターフェルは、ENOが92年以上にわたり、35歳以下の観客、初めてオペラを観る観客、21歳以下の観客に無料チケットを提供してきたこと、ENOの観客の11パーセントが多様な民族であることなど、これまでの実績を挙げ、「ENOはすべての人のためのオペラです」と強調している。

先日発表された文化予算の大幅削減策の中で、ENOについては、これまで配分されていた年間1,260万ポンド(約21億円)の打ち切りが決まった。代わりに3年間で1,700万ポンド(約28億3,600万円)の一時金を受け取りって拠点をマンチェスターに移し、新しいビジネスモデルの開発を模索することが求められている。

ただ、ENOのハリー・ブリュンジース会長は8日、議会の全党議員連盟に対して「マンチェスターへの移転について多くの議論がなされていますが、我々はすぐにそれを白紙に戻さなければなりません。移転はない」と通告、移転を求められた場合、ENOを4月に閉鎖することを明らかにした。また、閉鎖によって「ロンドンから、才能があり、献身的で、能力のある人たちの雇用を、全部門にわたって600人失うことになる」と強調している。

写真:English National Opera / London Coliseum


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 マルチェッロ・ジョルダーニ(56)イタリアのテノール歌手

  2. パリ発 〓 パリ国立オペラのトップ交代は9月に前倒し

  3. ロンドン発 〓 英国の音楽雑誌「BBCミュージック・マガジン」が年次賞を発表

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第9週のラインナップ発表

  5. グラーツ発 〓 ローランド・クルティヒがグラーツ歌劇場の音楽総監督退任へ

  6. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  7. グロッセート発 〓 第1回「セルゲイ・クーセヴィツキー国際指揮者コンクール」で出口大地が最高位

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がロシアのウクライナへの武力侵攻1周年で特別演奏会

  9. バルセロナ発 〓 スペイン放送協会がサグラダ・ファミリア大聖堂でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の特別コンサート

  10. モスクワ発 〓 グネーシン音楽学校の教員とキーシン、トリフォノフら卒業生がプーチン支持のホフロフ校長に抗議声明

  11. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルの首席客演指揮者にマーク・エルダー

  12. ルツェルン発 〓 夏の音楽祭の中止決まる

  13. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  14. ストックホルム発 〓 アンナ・ネトレプコに「ポーラー音楽賞」

  15. 台北発 〓 指揮者のエリアフ・インバルが台北市立響との契約を破棄、首席指揮者を退任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。