エーケレー発 〓 ドロットニングホルム宮殿劇場の次期音楽監督にフランチェスコ・コルティ

2022/06/23

スウェーデンのドロットニングホルム宮殿劇場(Drottningholms Slottsteater)が次期音楽監督にイタリアの鍵盤楽器奏者で指揮者のフランチェスコ・コルティ(Francesco Corti)を迎えると発表した。任期は2023年1月から3年間。

ドロットニングホルム劇場は1766年、首都ストックホルム郊外のエーケレーに建設された劇場で、18世紀のドナート・ストパーニの舞台機構などをそのまま残している。客席は400人で、ユネスコの世界遺産にも登録。イングマール・ベルイマンの映画『魔笛』の撮影が行われたことで知られる。

コルティは1984年、アレッツォ生まれの38歳。オルガンと作曲を学んだ後、チェンバロの道に進み、ジュネーヴでアルフォンソ・フェーディに、アムステルダムでボブ・ファン・アスペレンに師事した。

2006年にライプツィヒのヨハン・セバスチャン・バッハ、2007年にブリュージュ国際古楽の両コンクールで優勝。ソリストとして活動を続ける一方、2018年からはイタリアの古楽アンサンブル「イル・ポモ・ドーロ」の首席客演指揮者を務め、2016年からはスイス・バーゼル・スコラ・カントルムのチェンバロ科教授も務めている。

宮殿劇場では昨年、ヘンデル《アグリッピナ》を指揮して好評を博し、今年は8月19日、1922年の劇場再開から100周年を記念するコンサートに再び登場する。

写真:Caroline Doutre


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. トロント発 〓 カナダ国立バレエ団が元バレリーナのマリア・セレツカヤを常任指揮者に

  2. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  3. ロサンゼルス発 〓 女性指揮者描いた映画『TAR/ター』が作品賞を含めアカデミー賞6部門にノミネート

  4. ブエノスアイレス発 〓 テアトロ・コロンが2024年の公演ラインナップを発表

  5. トゥーロン発 〓 トゥーロン歌劇場の音楽監督にヴィクトリアン・ヴァノステン

  6. ウィーン発 〓 ウィーン・フィル、6月はネルソンスとどっぷり、ヨーロッパ・ツアー、サマー・ナイト・コンサートも

  7. マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

  8. フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管弦楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  9. 訃報 〓 ロバート・マン(97)米国のヴァイオリニスト、ジュリアード弦楽四重奏団の創設メンバー

  10. レーゲンスブルク発 〓 市立劇場の座付きオーケストラ、レーゲンスブルク・フィルハーモニックの次期音楽総監督兼首席指揮者にステファン・ヴェセルカ

  11. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  12. レイキャビック発 〓 アイスランド響の首席指揮者兼芸術監督にソプラノ歌手、指揮者として活躍するバーバラ・ハンニガン

  13. ニューヨーク発 〓 巨匠チェリビダッケの生涯が映画に、演じるのはジョン・マルコビッチ

  14. シカゴ発 〓 シカゴ響が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  15. サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 ガリシア王立フィルハーモニーの次期芸術監督にバルドゥア・ブレニマン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。