オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

2018/05/11
【最終更新日】2018/08/21

ノルウェー国立オペラ(Norwegian National Opera)が2018/2019シーズンのラインナップを発表した。オスロにある国立オペラの建物は2008年に完成、2008年にバルセロナで行われた世界建築フェスティバルで文化賞を受賞した現代的な建物。座席数は1350。ラインナップは以下の通りで、コンサート・スタイルながら、ノルウェーの戦後世代を代表する作曲家エドヴァルド・フリフレート・ブレイン(1924 – 1976)が1971年に完成したオペラで、彼の代表作である《アンネ・ペーデルスドッテル》 の上演も行われる。

モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
2018.8.8 – 8.29
指揮:エンリケ・マッツォーラ
演出:リチャード・ジョーンズ

チャイコフスキー《スペードの女王》
2018.9.8 – 9.25
指揮:ローター・ケーニヒ
演出:アルノー・ベルナール

プッチーニ《外套》
プッチーニ《ジャンニ・スキッキ》
2018.10.6 – 10.29
指揮:ヤク・ファン・ステーン
演出:イザベラ・バイウォーター

ドニゼッティ《愛の妙薬》
2018.11.24 / 2019.1.17
指揮:ダニエレ・カッレガーリ
演出:オリバー・ミアーズ

ブリテン《ビリー・バッド》
2019.1.18 – 2.16
指揮:マーク・ウィッグルスワース
演出:ANNILESE MISKIMMON

プッチーニ《修道女アンジェリカ》
2019.2.9 – 3.19
指揮:ヤク・ファン・ステーン
演出:イザベラ・バイウォーター

リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
2019.3.10 – 4.13
指揮:ヨアナ・マルヴィッツ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー

モーツァルト《魔笛》
2019.4.29 – 6.23
指揮:マグヌス・ロドガール
演出:アレクサンドル・モルク=アイデム

ロッシーニ《チェネレントラ》
2019.5.16 – 6.18
指揮:レオ・フセイン
演出:シュテファン・ヘアハイム

ブレイン《アンネ・ペーデルスドッテル》=Concert Style
2019.6.14 / 6.17
指揮:ペーテル・シルヴァイ

関連記事

  1. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  2. 第2回「スピヴァコフ国際ヴァイオリン・コンクール」はスペインのマリア・ドゥエニャスが優勝

  3. ミラノ発 〓 スカラ座が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  4. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  5. チューリヒ発 〓 チューリヒ歌劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  6. オールドバラ音楽祭 〓 2018年は第70回

  7. ヴェローナ音楽祭 〓 2019年のキャスティングを発表

  8. ソウル発 〓 ソウル市立交響楽団の首席指揮者にオスモ・ヴァンスカ

  9. ミュンヘン発 〓 ヤンソンスがダウン、バイエルン放送響の日本ツアーは代役にメータ

  10. ピッツバーグ発 〓 ピッツバーグ交響楽団が音楽監督のマンフレート・ホーネックとの契約を延長

  11. ストックホルム発 〓 今年の“ノーベル賞の指揮者”にフィンランドのダリア・スタセヴスカ

  12. ローマ発 〓 映画音楽の大御所モリコーネが引退?

  13. インスブルック発 〓 チロル交響楽団の首席指揮者に英国の若手指揮者ケレム・ハサン

  14. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  15. マドリード発 〓 サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルのホールが「テレサ・ベルガンサ・オーディトリアム」に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。