オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

2018/05/11
【最終更新日】2022/02/02

ノルウェー国立オペラ(Norwegian National Opera)が2018/2019シーズンのラインナップを発表した。オスロにある国立オペラの建物は2008年に完成、2008年にバルセロナで行われた世界建築フェスティバルで文化賞を受賞した現代的な建物。座席数は1350。

ラインナップは以下の通りで、コンサート・スタイルながら、ノルウェーの戦後世代を代表する作曲家エドヴァルド・フリフレート・ブレイン(1924 – 1976)が1971年に完成したオペラで、彼の代表作である《アンネ・ペーデルスドッテル》 の上演も行われる。

モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
2018.8.8 – 8.29
指揮:エンリケ・マッツォーラ
演出:リチャード・ジョーンズ

チャイコフスキー《スペードの女王》
2018.9.8 – 9.25
指揮:ローター・ケーニヒ
演出:アルノー・ベルナール

プッチーニ《外套》
プッチーニ《ジャンニ・スキッキ》
2018.10.6 – 10.29
指揮:ヤク・ファン・ステーン
演出:イザベラ・バイウォーター

ドニゼッティ《愛の妙薬》
2018.11.24 / 2019.1.17
指揮:ダニエレ・カッレガーリ
演出:オリバー・ミアーズ

ブリテン《ビリー・バッド》
2019.1.18 – 2.16
指揮:マーク・ウィッグルスワース
演出:ANNILESE MISKIMMON

プッチーニ《修道女アンジェリカ》
2019.2.9 – 3.19
指揮:ヤク・ファン・ステーン
演出:イザベラ・バイウォーター

リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
2019.3.10 – 4.13
指揮:ヨアナ・マルヴィッツ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー

モーツァルト《魔笛》
2019.4.29 – 6.23
指揮:マグヌス・ロドガール
演出:アレクサンドル・モルク=アイデム

ロッシーニ《チェネレントラ》
2019.5.16 – 6.18
指揮:レオ・フセイン
演出:シュテファン・ヘアハイム

ブレイン《アンネ・ペーデルスドッテル》=Concert Style
2019.6.14 / 6.17
指揮:ペーテル・シルヴァイ

関連記事

  1. 訃報 〓 フランツ・マズラ(95)オーストリアのバス・バリトン歌手

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  3. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  4. メルボルン発 〓 メルボルン響が首席指揮者のハイメ・マルティーンとの契約を延長

  5. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  6. ロンドン発 〓 メゾ・ソプラノのサラ・コノリーに国王音楽勲章

  7. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

  8. ローマ発 〓 レヴァイン、次はサンタ・チェチーリア国立アカデミー管

  9. 訃報 〓 ジョージ・クラム(92)米国の作曲家

  10. 訃報 〓 ルドルフ・ヴァインスハイマー(91)ドイツのチェロ奏者、「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」の創設者

  11. ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

  12. サバンナ発 〓 原田慶太楼が米国サバンナ・フィルハーモニックの音楽・芸術監督に

  13. ケルン発 〓 ケルンWDR響の次期首席指揮者にフランスの女流指揮者マリー・ジャコー

  14. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  15. 訃報 〓 オスカー・ギリア(85)イタリアのギタリスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。