ベルリン発 〓 バレンボイムの功績に対して、ベルリン州立オペラが「名誉会員」、ベルリン・シュターツカペレが史上初の「名誉首席指揮者」の称号

2024/04/27

1992年から2023年まで長きにわたり、ベルリン州立オペラ(Staatsoper Unter den Linden)の音楽総監督を長く務めたダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim)に対して、州立オペラが「名誉会員」、座付きオーケストラのベルリン・シュターツカペレが史上初の「名誉首席指揮者」の称号を贈った。

バレンボイムは1942年、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス生まれの81歳。両親がロシア出身のユダヤ系移民という家庭で育ち、若くしてピアニストとして名声を確立した後、1970年代から指揮をスタート。1975年から1989年までパリ管弦楽団の音楽監督を務めるなど、徐々に大物指揮者として頭角を現した。

1991年にはシカゴ交響楽団の音楽監督に就任(-2006)。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とは2009年、2014年、2022年の「ニューイヤー・コンサート」を指揮している。一方、客演を重ねていたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団からは、指揮者デビュー50年に当たる2019年にオーケストラ初の「名誉指揮者」の称号を授与されている。

ベルリン・シュターツカペレとは、劇場によると、オペラやバレエなど約760の音楽劇公演と850以上のコンサートを指揮。また、世界90カ所のオペラハウスやコンサートホールで行われた客演公演を450回以上指揮している。オーケストラの450年の歴史の中で、これまでオトマール・スイトナー、ピエール・ブーレーズ、ズービン・メータに「名誉指揮者」の称号を贈っているが、「名誉首席指揮者」の称号を授与するのは初めて。

授与に当たり、州立オペラの芸術監督を務めるマティアス・シュルツは「音楽総監督として、彼は常にオペラとコンサートの結びつきを重視し、これらの芸術分野の相互作用を支持してきました」。オーケストラは「ともに過ごした時間、共有した道、共有した歴史、その意義が完全に理解されるのは、おそらくこれからでしょう」とお祝いと感謝を述べている。

バレンボイムは「幸せと感謝の気持ちでいっぱい。特に名誉首席指揮者の称号については光栄であり、大きな感動に揺さぶられました。30年以上にわたり、州立歌劇場は私の音楽的故郷であり、劇場、オーケストラの音楽家たちは私の音楽的家族でした」と感謝の言葉を述べている。

ただ、2022年2月に脊椎手術を受けた後、完全な現場復帰はかなわず、最近も1月のベルリン・シュターツカペレの北米ツアー、この5月1日の「ヨーロッパ・コンサート」を中心としたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との公演の指揮もキャンセルしている。

写真:Deutsche Grammophon / Holger Kettner


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ガブリエル・バキエ(95)フランスのバリトン歌手

  2. シュトゥットガルト発 〓 コルネリウス・マイスターが音楽総監督を務めるシュトゥットガルト州立劇場との契約を延長

  3. ボストン発 〓 指揮者のアンドリス・ネルソンスが「テコンドー」の黒帯を取得

  4. ウィーン発 〓 アンドレス・オロスコ=エストラーダがウィーン響の首席指揮者を突然辞任

  5. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  6. ケープタウン発 〓 若手歌手のための「オペラリア」、2023年は南アフリカのケープタウンで開催

  7. シカゴ発 〓 リリック・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ロンドン発 〓 英国がイングランド全域で厳しいロックダウンを再導入

  9. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  10. ロサンゼルス発 〓 夏の風物詩「ハリウッドボウル」も開催中止

  11. ミラノ発 〓 スカラ座が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  12. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の新シーズンは9月開幕、ネトレプコ出演の《ドン・カルロ》で

  13. ワシントン発 〓 ヴァイオリニストの五嶋みどりにケネディ・センター名誉賞

  14. チューリッヒ発 〓 チューリッヒはワクチン証明か、その場での検査陰性で入場可

  15. アナベルク発 〓 エルツゲビルゲ劇場の次期音楽総監督にイェンス・ゲオルク・バッハマン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。