ザルツブルク発 〓 若手指揮者コンクール「カラヤン若手指揮者アワード」に韓国のユン・ハンギョル

2023/08/08
【最終更新日】2023/08/09

オーストリア・ザルツブルク音楽祭期間中に行われる若手指揮者コンクール「カラヤン若手指揮者アワード」を韓国のユン・ハンギョル(Hankyeol Yoon)が獲得した。ユンはテグ生まれの29歳。ベラルーシのヴィタリ・アレクセーノク(Vitali Alekseenok)、オーストリアのトビアス・ヴェーゲラー(Tobias Wögerer)を抑えての、韓国人初の受賞。

賞は20世紀のスター指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンを記念して、音楽祭とエリエッテ未亡人らによって2年ごとに開催されているもので、今年で11回目。今回は54カ国から323人の男女が応募していた。受賞者には15,000ユーロの賞金の他、音楽祭でウィーン放送交響楽団のコンサートを指揮する機会が与えられる。過去の受賞者にはアイナルス・ルビキス(2011年)、ミルガ・グラジニーテ=ティーラ(2012年)、ロレンツォ・ヴィオッティ(2015年)らがいる。

ユンはソウル芸術高校在学中にドイツに渡り、ミュンヘン音楽大学を卒業。2019年にグシュタード・メニューイン・フェスティバルの指揮部門1位を受賞、スイスのジュネーブ大劇場、ドイツのニュルンベルク州立劇場やメクレンブルク州立劇場で指揮者として活動してきた。

選考委員会の委員長は指揮者のマンフレッド・ホーネック。決勝に残ったアレクセーノクはライン・ドイツ・オペラの指揮者として活動しており、2025年からアクセル・コーバーの後任として音楽総監督に就任することが決まっている。ヴェーゲラーもウィーンのフォルクスオーパーの専属指揮者として活躍している。

写真:Salzburger Festspiele / Marco Borrelli


関連記事

  1. ルツェルン発 〓 ピアノのアルゲリッチが約1ヵ月ぶりに現場復帰、心臓の検査と治療経て

  2. 訃報 〓 フランコ・ファンティーニ(99)イタリアのヴァイオリン奏者, スカラ座管弦楽団の元コンサートマスター

  3. ミラノ発 〓 スカラ座が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  4. クリスチャンサン発 〓 ジュリアン・ラクリンがノルウェーのクリスチャンサン響の首席指揮者に

  5. ミラノ発 〓 スカラ座が新制作の《サロメ》をストリーミング配信

  6. ワシントン発 〓 クリスティーン・ゴーキーにフランス政府の芸術文化勲章シュヴァリエ章

  7. ベルリン発 〓 ソプラノのアンナ・トモワ=シントウがベルリン州立歌劇場の名誉会員に

  8. 訃報 〓 カミラ・ウィックス(92)米国のヴァイオリン奏者

  9. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が新制作のジョルダーノ《シベリア》の初日7日の公演をストリーミング配信

  10. 訃報 〓 ゲオルク・クリストフ・ビラー(66)ライプツィヒ聖トーマス教会第16代カントル

  11. 東京発 〓 新日本フィルが新シーズン、2023/2024シーズンの定期演奏会ラインナップを発表

  12. 訃報 〓 ペーター・マスース(74)オランダのトランペット奏者、コンセルトヘボウ管弦楽団の元首席奏者

  13. プラハ発 〓 チェコ・フィルが昨年秋以来初の“聴衆あり”コンサート

  14. パリ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチにフランスの「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  15. 松本発 〓 セイジ・オザワ松本フェスティバルが開催断念を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。