ニューヨーク発 〓 ルネ・フレミングがメトロポリタン歌劇場の新作オペラに

2020/07/31

米国のソプラノ歌手ルネ・フレミング(Renée Fleming)が2022年秋、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)の舞台に復帰することが明らかになった。「ニューヨーク・タイムズ」紙が報じた。フレミングは2017年、リヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》出演でメトロポリタン歌劇場を“卒業”と表明していた。

フレミングが出演するのは、ピューリッツァー賞を授賞したマイケル・カニンガムの小説『めぐりあう時間たち』を原作にしたケヴィン・プッツ作曲の新作オペラ。原作は、小説『ダロウェイ夫人』を書いた女性作家ヴァージニア・ウルフを含めた三つの時代に生きた三人の女性の人生を描いて全米ベストセラー1位を記録した。

2002年には、ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープという大物女優の競演で映画化され、2003年のアカデミー賞9部門にノミネート、キッドマンが最優秀主演女優賞を受賞している。

オペラではヴァージニア・ウルフ役にジョイス・ディドナート、ローラ・ブラウン役にケリー・オハラが起用され、フレミングはクラリッサ・ヴォーンの役を演じるという。

フレミングは、メトロポリタン歌劇場がスター歌手を集めてスタートさせたオンライン・ライブ・コンサート「メット・スター・ライブ・イン・コンサート」にも名を連ねており、2番手として8月1日からワシントンDCのショージタウンの歴史的邸宅からパフォーマンスを送り出すことになっている。

写真:Bayerischen Rundfunks


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 オランダも8月いっぱいイベント禁止、オランダ芸術祭も中止

  2. ペララーダ発 〓 スペインのペララーダ城音楽祭が中止を発表

  3. ルツェルン発 〓 イタリアから戻ったオーケストラがオペラから降板、新型コロナウイルスの感染拡大で

  4. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  5. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  6. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  7. ワイマール発 〓 演出家のアンドレア・モーゼスがワイマール国民劇場のオペラ監督に

  8. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  9. 訃報 〓 クルト・アツェスベルガー, オーストリアのテノール歌手

  10. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ベルリン発 〓 州立歌劇場も無料のストリーミングを開始、4月19日まで

  12. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴェデルニコフ, ロシアの指揮者

  13. 大津発 〓 びわ湖ホールが《神々の黄昏》を無観客公演に、同時に無料ストリーミング配信

  14. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが今シーズンの公演をすべてキャンセル

  15. ライプチヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管とシューベルト、ベルワルドの交響曲全集

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。