ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールは開催へ

2021/04/21

ベルギー・ブリュッセルで行われているエリザベート王妃国際音楽コンクール(Queen Elisabeth International Music Competition of Belgium)が今年行うと発表した。昨年行われる予定で、新型コロナウイルスの感染拡大で延期されたピアノ部門が5月3日から29日にかけて行われる。ただ、無観客による開催。

コンクールは1937年の創設で、チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノ・コンクールと並んで国際的に最も権威あるコンクールとされる。ヴァイオリン、ピアノ、声楽、チェロの4部門があり、各部門が順番に開催されている。

発表によると、本選の会場は例年通り、パレ・デ・ボザール。1月19日に火災に見舞われたが、本選までに修復工事が間に合うという。参加者は19の国と地域から64名(うち女性11名)。日本人からの出場者は8人。

写真:Queen Elisabeth International Music Competition of Belgium


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボルドー発 〓 ボルドー国立オペラの次期芸術総監督にエマニュエル・オンドレ、マルク・ミンコフスキは退任

  2. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  3. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴスティン, ロシアの作曲家

  4. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新制作の《ホフマン物語》をストリーミング配信

  5. ヘルシンキ発 〓 国立歌劇場の首席指揮者にハンヌ・リントゥ

  6. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  7. ミラノ発 〓 スカラ座の合唱団メンバーから陽性反応、新型コロナウイルス

  8. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が7月、ガッティ指揮によるオペラの野外上演をシエナ広場で計画

  9. デュッセルドルフ発 〓 アダム・フィッシャーがデュッセルドルフ響との契約延長

  10. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  11. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  12. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  13. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがチケット発売延期

  14. 香港発 〓 指揮者のズヴェーデンが香港フィルとの契約を延長

  15. ボストン発 〓 ボストン響も2020/2021シーズンのキャンセルを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。