デモイン発 〓 大ベテラン、サイモン・エステスがオペラからの引退を発表

2022/06/17

米国のバス・バリトン歌手のサイモン・エステス(Simon Estes)がオペラからの引退を発表した。エステスは黒人のオペラ歌手の第一世代で、広く成功を収めた一人。60年近いオペラ界での活動を通じて、黒人歌手に対する人種的偏見を大きく転換させる役割を担ってきた。

最後の出演は、アイオワ州デモイン・メトロ・オペラのガーシュイン《ポーギーとベス》の公演。《ポーギーとベス》のニューヨーク・メトロポリタン歌劇場初演は1985年で、この時の公演で、ポーギー役を歌ったのがエステス。今回の公演では、彼にとって103番目の役となるフレイジャー弁護士を演じる。

エステスは1938年、アイオワ州センターヴィル生まれの84歳。医学部で学ぼうとアイオワ大学に進んだが、大学の合唱団初の黒人メンバーとして参加したことをきっかけに声楽の道に進み、卒業後はジュリアード音楽院へ。その後、差別、偏見が米国よりも少ないヨーロッパに渡り、1965年にベルリン・ドイツ・オペラでヴェルディ《アイーダ》ラムフィス役を歌ってプロ・デビューした。

翌年、チャイコフスキー国際コンクールで第3位を獲得。その後は欧州の主要歌劇場からの出演依頼が相次いだ。1978年、アフリカ系アメリカ人歌手として初めて、《さまよえるオランダ人》のオランダ人を歌ってバイロイト音楽祭にも登場、その後も出演を重ねた。

偏見、差別が根強い米国に戻り、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場に出演したのは1982年。この時はワーグナー《タンホイザー》のヘルマン役を歌った。メトロポリタン歌劇場では1985年の《ポーギーとベス》の後、1986年には新制作の《ニーベルングの指環》ではヴォータンに起用されている。

これまで出演した歌劇場は84、共演したオーケストラは115。歌手活動のかたわら人道的活動にも積極的に取り組み、活動を通じて、クリントン、エリツィン、マンデラといった大統領、ローマ教皇といった国際的な著名人を前に歌ってきた。今後はアイオワ州立大学、デモイン・エリア・コミュニティ・カレッジの教授として後進の指導に当たりながら、コンサート活動を続けるという。


写真:Iowa State University / Christopher Gannon


関連記事

  1. 訃報 〓 オトマール・マーガ, ドイツの指揮者

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第9週のラインナップ発表

  3. ニュルンベルグ発 〓 ヨアナ・マルヴィッツが任期満了をもって州立劇場の音楽総監督を退任

  4. フィレンツェ発 〓 ペレイラがフィレンツェ歌劇場の総裁に

  5. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  6. 訃報 〓 ウド・ツィンマーマン, 作曲家

  7. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  8. 訃報 〓 パトリック・ダヴァン, ベルギーの指揮者

  9. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  10. キーウ発 〓 ウクライナ国立オペラがオペラ上演を再開

  11. ニューヨーク発 〓 浮かび上がってきたメトロポリタン歌劇場の次期シーズン

  12. ロサンゼルス発 〓 アカデミー賞授賞式の指揮台に初の女性指揮者

  13. ボローニャ発 〓 ボローニャ市立歌劇場が音楽監督にオクサーナ・リーニフ

  14. ブリュッセル発 〓 ブリュッセル・フィルの首席客演指揮者にイラン・ヴォルコフ

  15. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。