リヨン発 〓 リヨン国立オペラがバレエ団の芸術監督ヨルゴス・ロウコスを解任

2020/02/13

リヨン国立オペラのバレエ団の芸術監督を務めてきたヨルゴス・ロウコス(Yorgos Loukos)が解任された。ロウコスは1991年からバレエ団のトップを務めている。フランスのメディアによると、解任の理由は、バレエ団のダンサーであるカーリン・マリオン(34)に対して、妊娠中および出産後に差別を行ったことが原因。報道によると、2014年の契約更改時、ロウコスは産休明けだったマリオンと更改をしないようバレエ団に働きかけたという。マリオンとバレエ団との契約は5年刻みで、この時は6回目の更改だったという。差別をめぐる裁判の判決は昨年12月、ロウコスに対して5,000ユーロの損害賠償を支払うよう命じた。これを受けての解任とみられる。

解任されたロウコスは、ギリシャ・アテネ生まれの67歳。パリのエコール・デ・ボザールで建築、プロヴァンス大学で哲学を学んだ後、バレエの世界に入り、チューリッヒ歌劇場バレエ団を経てマルセイユ歌劇場バレエ団に移り、ローラン・プチのアシスタントを務めた。その後、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場のバレエ団を経て、1984年にリヨン国立オペラのバレエ団に移った。1992年からはカンヌで隔年開催される国際ダンス・フェスティバル(-2009)の監督、2006年からはアテネのエピダウロス・フェスティバルの監督も務めている。9日まで行われていた第48回ローザンヌ国際バレエ・コンクール(Prix de Lausanne)の審査委員会の副委員長を務めたばかり。

写真:Epidaurus Festival

関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  2. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  3. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の新シーズンは9月開幕、ネトレプコ出演の《ドン・カルロ》で

  4. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラの芸術監督にアンニリース・ミスキモン

  5. ロンドン発 〓 英国の音楽家予約サイトの調査で「音楽を辞めることを考えている」64%

  6. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  7. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  8. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  9. ルツェルン発 〓 イタリアから戻ったオーケストラがオペラから降板、新型コロナウイルスの感染拡大で

  10. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  11. 訃報 〓 ヤープ・シュレーダー, オランダのヴァイオリン奏者

  12. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  13. フィレンツェ発 〓 新型コロナウイルスの感染拡大めぐり、チョン・ミョンフンも降板

  14. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー響が2020/2021シーズンをキャンセル

  15. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。