ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/03/28

ドイツのライプチヒ歌劇場(Oper Leipzig)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

新シーズンの開幕を飾るのは、新制作のワーグナー《ローエングリン》で、バイロイト音楽祭を主宰しているカタリーナ・ワーグナー(Katharina Wagner)が新演出を手掛けている。

本来は3月19日からスペイン・バルセロナのリセウ大劇場(Gran Teatre del Liceu)で上演される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で公演がキャンセルされていた。

ギルバート(1879-1942)はユダヤ人作曲家で、第一次世界大戦の前後に50を超えるオペレッタを作曲するなど活躍したが、ナチス政権の台頭でマドリードを経てブエノスアイレスに移住した。《映画の女王》は1913年のオペレッタ。


ワーグナー《ローエングリン》
11.15 →
演出:カタリーナ・ワーグナー
指揮:ウルフ・シルマー


ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》
12.6 →
演出:ヤコブ・ペーター=メッサー
指揮:アントニーノ・フォリアーニ


ギルバート《映画の女王》
12.12 →
演出:アンドレアス・ガーゲン
指揮:シュテファン・クリンゲーレ


ステファン・ソンドハイム《スウィーニー・トッド》
2.21, 2021 →
演出:Cusch Jung
指揮:シュテファン・クリンゲーレ


サン=サーンス《野蛮人》
4.3 →
演出:アンソニー・ピラバッキ
指揮:デイヴィッド・レイランド


カールマン《伯爵令嬢マリツァ》
4.25 →
演出:ウルリッヒ・ヴィガース
指揮:トビアス・エンゲリ


ウッディ・アレン《ブロードウェイと銃弾》
6.20 →
演出:Cusch Jung
指揮:トビアス・エンゲリ


ゲルト・キュール《パラダイス》
7.9 →
演出:バルボラ・ホラーコヴァー・ジョリー
指揮:ウルフ・シルマー


写真:Oper Leipzig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  2. マドリッド発 〓 RTVE交響楽団の次期首席指揮者・音楽監督にクリストフ・ケーニヒ

  3. ベルリン発 〓 ダニエル・スタブラヴァの退団を発表、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  4. ヴェネチア発 〓 フェニーチェ劇場が新しいストリーミング配信のスケジュール

  5. ミュンヘン発 〓 ネトレプコ、トゥーランドット姫に挑戦

  6. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  7. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  8. ロンドン発 〓 英国の劇場やホールも閉鎖、公演もすべてキャンセル

  9. バーミンガム発 〓 ジュリアン・ロイド・ウェッバーが王立バーミンガム音楽院の学長を退任

  10. ベルリン発 〓 ドナルド・ラニクルズがベルリン・ドイツ・オペラとの契約を延長

  11. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴェデルニコフ, ロシアの指揮者

  12. クレルモン=フェラン発 〓 フランス国立オーベルニュ管弦楽団の次期音楽監督にトマス・ツェートマイアー

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第4週のストリーミング配信のラインナップを発表

  14. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が新制作の《魔弾の射手》をライブ配信

  15. バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。