ウィーン発 〓 「ヘルムート・ドイチュ国際歌曲コンクール」でテノールの尼子広志が優勝

2021/09/13

9月6日からウィーンのシェーンブルン宮殿劇場で行われていた「ヘルムート・ドイチュ国際歌曲コンクール」で11日、日本出身のテノール歌手、尼子広志(Hiroshi Amako)が優勝した。尼子には10,000ユーロの賞金の他、ベルリン・ドイツ・オペラ、ベルリンのコンツェルトハウスでドイチュと共演する機会が与えられる。

世界的な伴奏ピアニストの名を戴いたコンクールは2018年の創設。シューベルトやヴォルフ、マーラーといったオーストリアの作曲家の歌曲を対象としたもので、歌手と伴奏ピアニスト双方に賞が贈られる。2021年はツェムリンスキーンの歌曲をテーマに行われ、33カ国から40人の歌手と29人のピアニストが参加した。

尼子は三重県津市生まれの29歳。2000年に母親の故郷であるウェールズに移住、ケンブリッジ大学トリニティーカレッジ、王立音楽院大学院で学び、イギリスを拠点にヨーロッパ中心に活動を続けている。

歌手の第2位はポルトガルのバリトン歌手アンドレ・バレイロ、第3位はマダガスカルのバリトン歌手ミシェル・アリヴォニーに贈られた。伴奏ピアニストはポルトガルのペドロ・コスタが優勝している。

写真:Internationaler Helmut Deutsch Liedwettbewerb


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハイファ発 〓 ハイファ交響楽団の次期音楽監督にヨエル・レヴィ

  2. 訃報 〓 ネッド・ローレム(99)米国の作曲家

  3. 東京発 〓 第33回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はピアノのクリスチャン・ツィメルマン

  4. グラーツ発 〓 オクサーナ・リーニフが劇場との契約を延長せず

  5. 訃報 〓 マイケル・トゥリー(84)米国のヴィオラ奏者

  6. 訃報 〓 ディミトリー・ホフストフスキー(55)ロシア出身のバリトン歌手

  7. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2019/2020シーズンの残りの公演をすべてキャンセル

  9. オデーサ発 〓 ウクライナの音楽祭「オデーサ・クラシックス」がエストニの首都タリンに会場を移して開催

  10. 東京発 〓 東京都交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  11. ウィーン発 〓 ウィーン少年合唱団が2021年の海外ツアーをすべてキャンセルも、10月にニュー・アルバムをリリース

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が代役を確保できず、アリベルト・ライマンの《メデア》の再演を断念

  13. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールがゲルギエフに“追加制裁”、5月のマリインスキー管との公演もキャンセル

  14. 訃報 〓 グレース・バンブリー(86)米国のメゾ・ソプラノ歌手

  15. チューリッヒ発 〓 ヴァイオリニストのダニエル・ホープがチューリッヒ室内管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。