訃報 〓 テレサ・ベルガンサ(89)スペインのメゾ・ソプラノ歌手

2022/05/13
【最終更新日】2023/02/06

20世紀を代表するオペラ歌手の一人、スペインのメゾ・ソプラノ歌手テレサ・ベルガンサが13日に亡くなった。89歳だった。高度な技術に裏付けられた知性に富んだ歌唱、魅力的な舞台姿で多くの音楽ファンを魅了。バルセロナ五輪やセビリア万博の開会式などで歌い、1994年には女性として初めてスペイン王立芸術アカデミー会員に選ばれた他、晩年は後進の指導に尽力した。

1935年、マドリード生まれ。マドリード音楽院で声楽に加えてピアノ、チェロ、オルガンを学び、1955年にコンサート・デビュー。1957年にはフランスのエクス=アン=プロヴァンス音楽祭の《コジ・ファン・トゥッテ》でドラベッラを歌ってオペラの初舞台を踏んだ。その年、ミラノ・スカラ座にもデビューしている。

翌年には英国のグラインドボーン音楽祭にも登場。1959年にはヘルベルト・フォン・カラヤン指揮のモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ役でウィーン国立歌劇場に、ロッシーニ《セビリアの理髪師》のロジーナ役でロンドンのロイヤル・オペラにもデビューした。また、1967年にはニューヨークのメトロポリタン歌劇場の《フィガロの結婚》出演するなど、欧米の主要なオペラハウスを席巻した。

《フィガロの結婚》のケルビーノ役、《セビリアの理髪師》のロジーナ役などを得意としたが、中でもカルメンは、クラウディオ・アバド指揮の録音で、色気だけでなく気品も兼ね備えたキャラクターを表現、新たなカルメン像を確立して話題を集めた。オペラでの活躍に加え、高域から低域まで滑らかな声で、スペイン歌曲やサルスエラの舞台も多い。1991年にはスペインの「アストゥリアス公賞」の芸術・文学部門を他の6人のスペイン人歌手とともに受賞している。

ステージからの引退は2008年。2014年からは、フランスとの国境の街パンティコサの音楽祭にマスタークラスを開講、若い才能の指導に当たった。2018年には国際オペラ賞「オペラ・アワーズ」の生涯功労賞を受賞。マドリード市から50キロ、アバントス山の斜面に広がるサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルにあるホールがコンサートホールが「テレサ・ベルガンサ・オーディトリアム」と改名している。

写真:Universal Music


    音楽プロフィールはこちら ▷



関連記事

  1. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  2. ストックホルム発 〓 エサ=ペッカ・サロネンが2024年の「ポーラー音楽賞」を受賞

  3. シカゴ発 〓 リリック・オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが2020/2021シーズンの残りの公演をキャンセル

  5. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「アワード2020」を発表

  6. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  7. パルマ発 〓 テアトロ・レッジョが《マハゴニー市の興亡》をストリーミング配信

  8. ブリスベーン発 〓 オペラ・オーストラリアが《ニーベルングの指環》の新制作を延期、新型コロナの感染拡大受けて

  9. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが音楽監督のアイヴァー・ボルトンとの契約を延長

  10. ルツェルン発 〓 ピアノのアルゲリッチが約1ヵ月ぶりに現場復帰、心臓の検査と治療経て

  11. 訃報 〓 ジャンナ・ロランディ(68)アメリカのソプラノ歌手

  12. フォートワース発 〓 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールが開催延期を発表

  13. ベルリン発 〓 ウクライナのオデッサ・フィルがベルリン音楽祭に出演

  14. ヴィースバーデン発 〓 ヘッセン州立劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。