ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/05/09

英国のイングリッシュ・ナショナル・オペラ(English National Opera)が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。イングリッシュ・ナショナル・オペラでは2021/2022シーズンから、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場との共同制作で、リチャード・ジョーンズが演出を手掛けるワーグナーの楽劇《ニーベルングの指環》全4部作の上演がスタート。第1弾の《ワルキューレ》に続いて、2022/2023シーズンは《ラインの黄金》が登場する。

9月30日ー11月4日
プッチーニ《トスカ》
[演出]クリストフ・ロイ
[指揮]レオ・フセイン
[出演]シニード・キャンベル=ウォレス / アダム・スミス / ノエル・ボウレイ

11月3日ー12月2日
ギルバート&サリヴァン《近衛騎兵隊》
[演出]ジョー・デイヴィス
[指揮]クリス・ホプキンス
[出演]アンソニー・グレゴリー / ニール・デイヴィス / アレクサンドラ・オーメンズ / ヘザー・ロウ / スティーブン・ページ / スーザン・ビックリー / イノセント・マスク / イザベル・ピータース

11月25日ー12月10日
ジェイク・ヘギー《素晴らしき哉、人生》
[演出]アレッタ・コリンズ
[指揮]ニコール・ペイエメント
[出演]ダニエル・ドゥ・ニース / フレデリック・バレンタイン / ジェニファー・フランス / マイケル・メイズ / ロナルド・サム / イドゥンヌ・ミュンヒ / ケリ・フーグ / ズワケレ・チャバララ / オシアン・ハスキンソン / グウェネス・アン・ランド / セゴモッツォ・シュピニャーネン

2023年2月18日ー3月10日
ワーグナー《ラインの黄金》
[演出]リチャード・ジョーンズ
[指揮]マーティン・ブラビンズ
[出演]ジョン・レリエ / レイ・メルローズ / フレデリック・バレンタイン / マデリン・ショウ / ジョン・フィンドン / クリスティーネ・ライス / ジェニファー・デイヴィス / ジュリアン・ハバード / ブレイク・デンソン / サイモン・ベイリー / ジェイムス・クレスウェル / エレノア・デニス / イドゥンヌ・ミュンヒ / ケイティ・スティーブンソン

3月25日ー4月8日
コルンゴルト《死の都》
[演出]アンニリース・ミスキモン
[指揮]キリル・カラビッツ
[出演]ロルフ・ロメイ / アリソン・オークス / サラ・コノリー / アウドゥン・イヴェルセン

4月20日ー5月4日
ジャニーン・テソリ《ブルー》
[演出]ティヌケ・クレイグ
[指揮]マシュー・コフィ・ウォルドレン
[出演]ナディーヌ・ベンジャミン / マイケル・サミュエル / ズワケレ・チャバララ / ロナルド・サム

4月27日ー5月6日
グレツキ《悲歌のシンフォニー》
[演出]イザベラ・バイウォーター
[指揮]リディヤ・ヤンコブスカイヤ
[出演]ニコール・シュヴァリエ

写真:English National Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管の首席客演指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  2. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場がモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》の新作をライブ・ストリーミング

  3. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ(86)ドイツの演出家

  4. ワイマール発 〓 演出家のアンドレア・モーゼスがワイマール国民劇場のオペラ監督に

  5. ウィーン発 〓 ネトレプコが右肩の緊急手術で国立歌劇場への出演をキャンセル。一方で「ポーラー音楽賞」授賞、初めての著作刊行、5年ぶりのソロ・アルバムが登場

  6. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  7. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭も開催断念

  8. ベルリン発 〓 リサ・バティアシュヴィリがベルリン・フィルのコンサートマスターに

  9. ロンドン発 〓 作曲家のジョナサン・ゴールドスタイン夫妻が自家用機で衝突死

  10. ロンドン発 〓 メゾ・ソプラノのサラ・コノリーに国王音楽勲章

  11. ワルシャワ発 〓 オペラ賞「オペラ・アワード2023」の年間賞が決定

  12. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  13. ストックホルム発 〓 スウェーデンも劇場の一時閉鎖へ

  14. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場に初の女性コントラバス奏者

  15. コブレンツ発 〓 ライン州立フィルの首席指揮者にベンジャミン・シュウォーツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。