ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレの芸術監督に演出家のイヴォ・ヴァン・ホーヴェ

2022/05/08
【最終更新日】2022/05/09

ドイツの芸術祭ルール・トリエンナーレ(Ruhrtriennale)が次期芸術監督にベルギーの演出家のイヴォ・ヴァン・ホーヴェ(Ivo van Hove)を迎えると発表した。2021年から2023年の芸術監督を務めるバルバラ・フライ(前チューリヒ劇場支配人)の後任。

ルール・トリエンナーレは2002年から毎年開催されている総合芸術祭。ザルツブルク音楽祭やパリ国立オペラの芸術監督を歴任した故ジェラール・モルティエ(Gerard Mortier)の提唱で創設され、ドイツ西部の工業都市ボーフムを中心としたルール地方の巨大な機械工場やコークス工場といった産業遺産を会場に使い、3年を1シーズンという括りで運営されている。

ヴァン・ホーヴェは1958年、ハイスト=オプ=デン=ベルグ生まれの63歳。ヨーロッパを代表する演出家の一人で、2001年からオランダ最大の劇団アムステルダム国際劇場の芸術監督を務め、1998年から2004年にかけてオランダ芸術祭の芸術監督も務めた。

故デヴィッド・ボウイに演出を委嘱された「ラザレス」をはじめ、国際的な舞台作品を数多く手掛けており、2014年にパリ・オデオン座で初演されたアーサー・ミラー作「橋からの眺め」の舞台が英国の「ローレンス・オリヴィエ賞」の最優秀演出賞、米国の「トニー賞」演劇演出賞を受賞している。

写真:Forum on European Culture / ITAamsterdam


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. トゥールーズ発 〓 トゥールーズ市長、トゥガン・ソヒエフにロシアのウクライナ侵略についてのコメント発表を要請

  2. ミュンヘン発 〓 補償の必要ないとミュンヘン市政府の法律顧問、ゲルギエフ解任で

  3. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  4. ソフィア発 〓 国立歌劇場で新シーズン開幕、創立130周年

  5. 訃報 〓 パウル=ハインツ・ディートリヒ, ドイツの作曲家

  6. ボルツァーノ発 〓 第63回「フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール」の第1位は韓国のパク・ジェホン

  7. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  8. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが無料の“出前コンサート”

  10. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  11. 東京発 〓 新日本フィルハーモニー交響楽団の次期音楽監督に佐渡裕

  12. プラハ発 〓 チェコ・フィルの音楽監督セミヨン・ビシュコフがロシア批判の声明

  13. モンテカルロ発 〓 モンテカルロ歌劇場が新制作の《マノン・レスコー》をライブ・ストリーミング、ネトレプコ主演

  14. パリ発 〓 11月開催のロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールが早くも中止を決定

  15. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。