訃報 〓 野島稔, 日本のピアニスト

2022/05/11

日本を代表するピアニストの一人で、2011年から東京音楽大学の学長の学長を務めていた野島稔(Minoru Nojima)が9日、肺がんのため亡くなった。76歳だった。国際派ピアニストとして活躍、教育者としても国際的な音楽コンクールの審査委員も歴任し、後進の育成に尽力した。

1945年、神奈川県横須賀市の生まれ。3歳からピアノを始め、その後、井口愛子氏に師事。小学校5年生で、ヴィルヘルム・ロイブナー指揮のNHK交響楽団と共演した。桐朋学園高校3年の1963年、第32回日本音楽コンクールで第1位を獲得して注目を集めた。

1966年から旧・ソ連政府に招かれてモスクワ音楽院に留学、名ピアニストとして知られたレフ・オボーリンに師事した。1969年に行われた米国の第3回「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」で第2位に入賞。翌1970年にニューヨークのカーネギー・ホールでデビューし、国際的なキャリアをスタートさせた。

研ぎ澄まされたテクニックに支えられた透明でやわらかい音色を紡ぎ出すことで知られ、米国のレーベルからリリースされた1986年録音の『ノジマ・プレイズ・リスト』、1989年録音の『ノジマ・プレイズ・ラヴェル』がその超絶技巧と圧倒的な表現力で話題を呼び、国際的な評価を確立した。

仙台国際音楽コンクールをはじめ、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール、ベルギーのエリザベート王妃国際コンクールなど多数のコンクールで審査員を歴任。2006年には、自らが審査委員長を務める「野島稔・よこすかピアノコンクール」を横須賀芸術劇場で創設。この5月にコロナ禍の収束で4年ぶりの開催が予定されていた。

写真:Tokyo College of Music


関連記事

  1. ウィーン発 〓 バルトリが国立歌劇場にデビュー!

  2. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが公開書簡でメトロポリタン歌劇場経営陣に苦言

  3. ノボシビルスク発 〓 ネトレプコのロシアでの公演中止へ、戦争批判声明への“報復”か?

  4. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  5. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  6. ミラノ発 〓 スカラ座が恒例の12月7日の開幕を断念

  7. ミュンヘン発 〓 補償の必要ないとミュンヘン市政府の法律顧問、ゲルギエフ解任で

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がラインナップ発表、“Nightly Met Opera Streams”の第53週

  9. 東京発 〓 細川俊夫の《オーケストラのための『渦』》が第68回「尾高賞」に

  10. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  11. アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

  12. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が新制作の《魔弾の射手》をライブ配信

  14. ドレスデン発 〓 フラウエン教会の「アドヴェント・コンサート」は無観客で

  15. ニューヨーク発 〓 ストラディバリウス「ダ・ヴィンチ」、史上2番目の20億円超で落札

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。