ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

2018/08/09
【最終更新日】2021/07/17

ミュンヘン市内に新しい音楽ホールが誕生することになった。バイエルン放送交響楽団(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)の新しい本拠地となる。

バイエルン放送交響楽団は長年、ミュンヘンの王宮内にあるヘラクレス・ザールが本拠地。演奏会は年間80回を超えている。しかし、スペースが手狭で設備も老朽化、2003/2004シーズンから首席指揮者を務めるマリス・ヤンソンスが新ホール建設を強く訴えていた。

新ホールは工場が集まる東部エリアに建設され、大ホール(1800人収容)、小ホール(600人収容)を持ち、ガラス張りのモダンな外見になるという。

予算は3億ユーロで、完成時期は未定。設計はオーストリア・ブレゲンツの「Cukrowicz Nachbaur Architekten」社で、音響設計は永田音響設計の豊田泰久氏が担当するという。

ミュンヘンにはクラシック音楽のコンサートの演奏会場として、1985年にオープンした総合文化センター「ガスタイク」の中にフィルハーモニー(2387人収容)があり、ミュンヘン・フィル(Münchner Philharmoniker)が本拠地として使っている。

しかし、音響面での評判が悪く、建設から30年を過ぎたこともあって、ミュンヘン市は2020年から4億5000万ユーロの予算をかけて、5年間にわたる改装工事を行うことを決めている。

そのため、市はミュンヘン・フィルの演奏場所を確保するため、3000万ユーロの予算で新たなホールを建設することも決めている。ホールは木製で客席1800。こちらも音響設計は豊田氏。「ガスタイク」の改修工事終了後、民間に売却する予定。

写真:Cukrowicz Nachbaur Architekten

関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第1週のストリーミング配信のラインナップを発表

  2. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で、フランスのジョナサン・フルネルが優勝

  3. ニューヨーク発 〓 ルネ・フレミングがメトロポリタン歌劇場の新作オペラに

  4. ロンドン発 〓 「オペラ・アワーズ」2021を発表

  5. ウィーン発 〓 フィリップ・ジョルダン、国立歌劇場の音楽監督退任へ

  6. ローマ発 〓 レヴァイン、次はサンタ・チェチーリア国立アカデミー管

  7. リガ発 〓 指揮者のカレル・マーク・チチョンがラトビア国籍を取得

  8. ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. 東京発 〓 新国立劇場が開場25周年となる2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  10. バンプトン・クラシカル・オペラ 〓 2021年はグルックの《ラ・コロナ》と《パリスとヘレネー》を上演

  11. 訃報 〓 セルゲイ・スロニムスキー, ロシアの作曲家

  12. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィル初の女性コンサートマスターとしてデビュー

  13. ロンドン発 〓 ユロフスキ指揮の《ニーベルングの指環》通し上演を断念、ロンドン・フィル

  14. アケルスベルガ発 〓 ついに論争に終止符!?、「BIS」レーベルが“フルヴェンのバイロイトの第九”の完全録音をリリース

  15. ミラノ発 〓 スカラ座は7日の新シーズン開幕に向けて準備万端、ネトレプコも肩の手術から現場復帰

  1. この記事へのコメントはありません。