ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

2018/08/09

ミュンヘン市内に新しい音楽ホールが誕生することになった。バイエルン放送交響楽団(Bavarian Radio Symphony Orchestra)の新しい本拠地となる。バイエルン放送交響楽団は長年、ミュンヘンの王宮内にあるヘラクレス・ザールが本拠地。演奏会は年間80回を超えている。しかし、スペースが手狭で設備も老朽化、2003/2004シーズンから首席指揮者を務めるマリス・ヤンソンスが新ホール建設を強く訴えていた。新ホールは工場が集まる東部エリアに建設され、大ホール(1800人収容)、小ホール(600人収容)を持ち、ガラス張りのモダンな外見になるという。予算は3億ユーロで、完成時期は未定。設計はオーストリア・ブレゲンツの「Cukrowicz Nachbaur Architekten」社で、音響設計は永田音響設計の豊田泰久氏が担当するという。

ミュンヘンにはクラシック音楽のコンサートの演奏会場として、1985年にオープンした総合文化センター「ガスタイク」の中にフィルハーモニー(客席2387)があり、ミュンヘン・フィル(Münchner Philharmoniker)が本拠地として使っている。しかし、音響面での評判が悪く、建設から30年を過ぎたこともあって、ミュンヘン市は2020年から4億5000万ユーロの予算をかけて、5年間にわたる改装工事を行うことを決めている。そのため、市はミュンヘン・フィルの演奏場所を確保するため、3000万ユーロの予算で新たなホールを建設することも決めている。ホールは木製で客席1800。こちらも音響設計は豊田氏。「ガスタイク」の改修工事終了後、民間に売却する予定。

写真:Cukrowicz Nachbaur Architekten

関連記事

  1. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  2. シカゴ発 〓 ショルティ指揮者アワード2018にロデリック・コックスに

  3. ロンドン発 〓 ロンドン・フィルの次期首席指揮者にエドワード・ガードナー

  4. シャイアン発 〓 ソプラノのチェシンスキがグライダーで墜落死

  5. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルが公演ラインナップを発表

  6. 東京発 〓 NHK交響楽団が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  7. リスボン発 〓 「オペラリア」2018が閉幕

  8. ロンドン発 〓 トーマス・アレンがオペラから引退

  9. アムステルダム発 〓 ジャニーヌ・ヤンセンにヨハネス・フェルメール賞

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ響の新しいコンサート・マスターにマリーナ・グローマン

  11. オールドバラ音楽祭 〓 2019年のプログラムを発表

  12. パリ発 〓 フランス放送フィルのコンサートマスターに韓国出身のパク・ジユン

  13. バイロイト音楽祭 〓 ネトレプコが音楽祭デビューをキャンセル

  14. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ、2018/19シーズンのラインナップを発表

  15. ローマ発 〓 パッパーノがサンタ・チェチーリア管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。