ウィーン発 〓 コンツェルトハウスがクルレンツィス&ムジカエテルナのコンサートをキャンセル、ウクライナ大使の要請受け

2022/04/12

ウィーンのコンツェルトハウスが10日に行われる予定だったテオドール・クルレンツィス(Teodor Currentzis)率いるムジカエテルナのコンサートを突然キャンセルした。

10日のコンサートは、ウクライナ支援のためのチャリティー・コンサート。しかし、ウクライナ大使からウクライナのためのコンサートにロシアのアーティストを参加させないよう正式な要請があり、ホール側はその意向を尊重したと説明している。

クルレンツィス率いるムジカエテルナは、ロシア第二の銀行VTB銀行が設立に関わり、長くスポンサーを務めてきた団体。VTB銀行はプーチン大統領に近く、ウクライナ侵略により制裁を受けている。

クルレンツィス自身は3月末、首席指揮者を務める南西ドイツ放送交響楽団と共同声明を出し、ヨーロッパ・ツアーでロシアとウクライナの作曲家の作品を同時に取り上げる姿勢を表明してきたが、個人的にはロシアの侵略に対して特別なアクションは起こしていない。

コンツェルトハウスは、「ロシア連邦のウクライナに対する侵略戦争によって計り知れない苦しみがある時、サンクト・ペテルブルクを拠点とするオーケストラの演奏が政治的側面を持つことを無視することはできない。私たちは、ウクライナにおける戦争犯罪についての絶望を理解し、共有し、この侵略を遠慮なく非難します」と述べている。

クルレンツィスとムジカエテルナは次のシーズンも出演が予定されていたが、ホール側は、オーケストラが独立した資金を確保できるまで、チケットの販売を一時停止することも発表している。

写真:SWR Symphonieorchester


関連記事

  1. モスクワ発 〓 ロシアのヴォロージン下院議長がウクライナ侵略の停止をプーチン大統領に求めた文化人たちを批判

  2. アムステルダム発 〓 北欧ツアーの代役でディーマ・スロボデニュークがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団デビュー

  3. 広島発 〓 広島響の次期音楽監督にクリスティアン・アルミンク

  4. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  5. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  6. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの第2バイオリンの首席奏者クリストフ・コンツが指揮活動

  7. ソウル発 〓 オスモ・ヴァンスカがソウル市立響の首席指揮者を退任

  8. ハンブルグ発 〓 ハンブルグ市がメルケル首相をテーマにしたオペラを制作

  9. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  10. 東京発 〓 東響が「ニコ動」で「第九」公演をライブ配信、ステージには過去最多のカメラ40台

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ローマ発 〓 ゲルギエフが新型コロナに感染、共演のダニール・トリフォノフも

  13. ウィーン発 〓 アンゲリカ・キルヒシュラーガーがオペラからの引退を表明

  14. 訃報 〓 ミシェル・ルグラン(86)フランスの作曲家

  15. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。