訃報 〓 パヴレ・デシュパイ(87)クロアチアの指揮者

2021/12/19
【最終更新日】2023/02/06

クロアチアの作曲家、指揮者のパヴレ・デシュパイ(Pavle Dešpalj)が12月16日、首都ザグレブで亡くなった。87歳だった。ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、ドゥブロヴニク音楽祭の監督を務めるなど、クロアチアを代表する指揮者の一人。

1934年、ユーゴスラビア時代のクロアチアのブラト生まれ。ザグレブの音楽アカデミーでシュチェパン・シュレックに作曲を師事、卒業後、1961年にクロアチア西部のザダルで室内管弦楽団を設立、ザダル音楽祭を起ち上げた。その後、1962年から1967年までザグレブ放送交響楽団の首席指揮者を務めた。1966年にベオグラード室内管弦楽団を設立している。

1968年から米国での活動をスタート。1968年からフロリダ交響楽団とフロリダのオーランド・オペラを指揮を始め、1970年から1981年まで双方の音楽監督を務めた。また、東欧圏のみならず、世界各地のオーケストラに客演を重ねた。

帰国後の1981年、ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任(-1986年)。同時にドゥブロヴニク音楽祭の監督にも就任し、1983年まで務めた。ザグレブ・フィル時代は海外ツアーにも同行している。退任後、1987年から1995年までザグレブ音楽アカデミーの指揮教授も務めた。

1995年から1998年は東京藝術大学の指揮科教授。日本では東京藝術大学フィルハーモニー管弦楽団を中心に指揮した。帰国後は彼はクロアチア室内管弦楽団、スプリット室内管弦楽団の首席指揮者を歴任。クロアチア国立オペラなどにも客演を続けていた。

写真:Igor Soban / PIXSELL


関連記事

  1. 訃報 〓 ドミトリー・バシキーロフ(89)ロシアのピアニスト

  2. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2023」を発表

  3. ブレーマーハーフェン発 〓 市立劇場が音楽総監督のマルク・ニーマンとの契約を延長

  4. シュトゥットガルト発 〓 SWR交響楽団の次期首席指揮者兼芸術監督にフランソワ=グザヴィエ・ロト、クルレンツィスは退任へ

  5. ワシントン発 〓 ヴァイオリニストの五嶋みどりにケネディ・センター名誉賞

  6. トリノ発 〓 トリノ歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、ムーティは《仮面舞踏会》を指揮

  7. カトヴィツェ発 〓 ヨーロッパ最大のパイプ・オルガンが誕生、エサ=ペッカ・サロネンが自作のオルガン曲で祝福

  8. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  9. ローマ発 〓 パッパーノの後任にガッティが急浮上、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団

  10. パンプローナ発 〓 ナヴァラ響の次期首席指揮者に香港出身のペリー・ソー

  11. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が過去の公演をYouTubeで配信

  12. ハンブルク発 〓 ハンブルク交響楽団がマルタ・アルゲリッチとの公演をライブ配信

  13. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  14. ニース発 〓 ニース・フィルの首席指揮者にリオネル・ブランギエ

  15. ウィーン発 〓 グルベローヴァの遺品がオンライン・オークションに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。