訃報 〓 パヴレ・デシュパイ(87)クロアチアの指揮者

2021/12/19
【最終更新日】2023/02/06

クロアチアの作曲家、指揮者のパヴレ・デシュパイ(Pavle Dešpalj)が12月16日、首都ザグレブで亡くなった。87歳だった。ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、ドゥブロヴニク音楽祭の監督を務めるなど、クロアチアを代表する指揮者の一人。

1934年、ユーゴスラビア時代のクロアチアのブラト生まれ。ザグレブの音楽アカデミーでシュチェパン・シュレックに作曲を師事、卒業後、1961年にクロアチア西部のザダルで室内管弦楽団を設立、ザダル音楽祭を起ち上げた。その後、1962年から1967年までザグレブ放送交響楽団の首席指揮者を務めた。1966年にベオグラード室内管弦楽団を設立している。

1968年から米国での活動をスタート。1968年からフロリダ交響楽団とフロリダのオーランド・オペラを指揮を始め、1970年から1981年まで双方の音楽監督を務めた。また、東欧圏のみならず、世界各地のオーケストラに客演を重ねた。

帰国後の1981年、ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任(-1986年)。同時にドゥブロヴニク音楽祭の監督にも就任し、1983年まで務めた。ザグレブ・フィル時代は海外ツアーにも同行している。退任後、1987年から1995年までザグレブ音楽アカデミーの指揮教授も務めた。

1995年から1998年は東京藝術大学の指揮科教授。日本では東京藝術大学フィルハーモニー管弦楽団を中心に指揮した。帰国後は彼はクロアチア室内管弦楽団、スプリット室内管弦楽団の首席指揮者を歴任。クロアチア国立オペラなどにも客演を続けていた。

写真:Igor Soban / PIXSELL


関連記事

  1. ロンドン発 〓 オペラ・ホーランド・パークが2022年の公演ラインナップを発表

  2. ウィーン発 〓 「ヘルムート・ドイチュ国際歌曲コンクール」でテノールの尼子広志が優勝

  3. ボローニャ発 〓 巨匠の没後10年を記念して、ボローニャ市が「クラウディオ・アバド広場」

  4. ノイシュトレリッツ発 〓 ノイブランデンブルク・フィルの新しい音楽監督にダニエル・ガイス

  5. モンペリエ発 〓 暴力事件で謹慎していたガーディナーがフランス放送フィルを指揮して現場復帰

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ベルゲン発 〓 ペトレンコ、ベルゲン・フィルのコンサートを「深刻な健康問題」でキャンセル

  8. リバプール発 〓 ロイヤル・リバプール・フィルが首席指揮者のドミンゴ・インドヤンとの契約を延長

  9. シカゴ発 〓 シカゴ響の第11代音楽監督にクラウス・マケラ

  10. 訃報 〓 ヴァンダ・ヴィウコミルスカ(89)ポーランドのヴァイオリニスト

  11. 訃報 〓 マイケル・トゥリー(84)米国のヴィオラ奏者

  12. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン(74)米国のソプラノ歌手

  13. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が新シーズン、2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  14. テルアビブ発 〓 イスラエル室内管が首席指揮者兼芸術監督にアルメニア出身の指揮者ルーベン・ガザリアン

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団の本拠地となる新たなホール建設へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。