フランクフルト発 〓 ドイツの歌劇場再開は6月以降

2021/04/30
【最終更新日】2021/05/04

フランクフルト市立歌劇場(Oper Frankfurt)が劇場の閉鎖を6月まで延長すると発表した。ドイツでは劇場の閉鎖延長の発表が相次ぎ、6月まで再開は見込めない状況。また、ザクセン州立歌劇場、ケルン市立劇場、ボン市立劇場は2020/2021シーズンの終了を発表した。

ドイツ連邦議会は、メルケル内閣に対して連邦州との協議なしに新型コロナウイルス対策を課すことができる権限を与える感染保護法の改正を議決、文化施設やレジャー施設は、7日間の発生率が5日間連続して100を下回るまで閉鎖されることになっている。

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の本拠地「ノイエス・ゲヴァントハウス」など、閉鎖中のホールを新型コロナウイルスのPCR検査場などに利用しているところもある。

<シーズン終了>ケルン市立劇場、ボン市立劇場、ザクセン州立歌劇場(ドレスデン)

<6月まで閉鎖>ベルリン州立歌劇場、バイエルン州立歌劇場(ミュンヘン)、ベルリン・ドイツ・オペラ、コーミッシェ・オーパー(ベルリン)、バーデン=ヴュルテンベルク州立劇場(シュトゥットガルト)、ヘッセン州立劇場(ヴィスバーデン)、ブランデンブルク州立歌劇場(コトブス)、ワイマール国民劇場、フランクフルト市立歌劇場

<追って指示があるまで閉鎖>ハンブルク市立歌劇場、ライプツィヒ歌劇場、マンハイム国民劇場

写真:Oper Frankfurt


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. プラハ発 〓 チェコ・フィルが昨年秋以来初の“聴衆あり”コンサート

  3. 訃報 〓 パウル・バドゥラ=スコダ, オーストリアのピアニスト

  4. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  5. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭も開催断念

  6. ロンドン発 〓 レザール・フロリサンが創立40周年ツアー

  7. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンをキャンセル

  8. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  9. 訃報 〓 アンドレア・ギオー, フランスのソプラノ歌手

  10. パリ発 〓 国立オペラが演奏会形式で《ニーベルングの指環》4部作を通し上演

  11. 訃報 〓 イヴリー・ギトリス, イスラエルのヴァイオリニスト

  12. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  13. デトロイト発 〓 演出家のユヴァル・シャロンがミシガン・オペラ・シアターの芸術監督に

  14. ザールブリュッケン発 〓 マックス・オフュルス映画祭の音楽賞にダーシャ・ダウエンハウアー

  15. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。