ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

2019/11/22
【最終更新日】2019/12/01

ルツェルン交響楽団(Luzerner Sinfonieorchester)の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング(Michael Sanderling)が就任することになった。ルツェルン交響楽団はルツェルン劇場の座付きオーケストラ。2011/2012シーズンから首席指揮者を務めてきたジェームズ・ガフィガン(James Gaffigan)の後任で、任期は2021/2022シーズンから。

ザンデルリングは1967年、東ベルリン生まれの52歳。指揮者のクルト・ザンデルリングを父に持ち、ハンス・アイスラー音楽大学でチェロを学んだ。卒業後、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ベルリン放送交響楽団などのチェロ奏者を経て指揮者に転身。2011/2012シーズンから2019/20シーズンまでドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めてきた。

写真:michaelsanderling.com / Marco Borgre

関連記事

  1. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  2. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  3. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  4. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  5. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  6. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  7. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  8. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  9. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  10. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  11. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  12. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  13. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  14. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  15. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。