訃報 〓 ロザンナ・カンテリ, イタリアのソプラノ歌手

2020/10/27

イタリアのソプラノ歌手ロザンナ・カンテリ(Rosanna Carteri)が25日、モンテカルロで亡くなった。89歳だった。舞台からの引退は36歳と早かったが、主に1950年代から1960年代半ばまで国際的な活躍を続けた。

ヴェローナで生まれ、パドヴァで育った。1948年のイタリア放送協会(RAI)の歌唱コンテストで優勝。19歳だった1949年、ローマのカラカラ浴場でワーグナー《ローエングリン》のエルザ役を歌ってオペラ・デビューした。

1951年にはミラノ・スカラ座にデビュー。1952年にはザルツブルク音楽祭にデビューし、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーが指揮する《オテロ》で、デズデモーナを歌っている。その後、欧米の歌劇場に次々にデビューした。

幅広いレパートリーで活躍。現代物にも積極的に参加。プロコフェフの《戦争と平和》のヨーロッパ初演をはじめ、ピッツェッテ​​ィ、フアン・ホセ・カストロ、カステルヌオーヴォ=テデスコの初演で歌っている。

写真:Lyric Opera of Chicago



関連記事

  1. バレンシア発 〓 バレンシア管弦楽団の次期首席指揮者にアレクサンダー・ リーブライヒ

  2. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  3. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  4. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー, オーストラリアの演出家

  5. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が総監督カタリーナ・ワグナーの長期療養を発表

  6. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  7. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》をライブ・ストリーミング、ヌッチ、カマレナ出演

  8. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  10. ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

  11. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  12. ソフィア発 〓 国立歌劇場で新シーズン開幕、創立130周年

  13. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  14. デュッセルドルフ発 〓 アダム・フィッシャーがデュッセルドルフ響との契約延長

  15. モントリオール発 〓 モントリオール交響楽団がケント・ナガノに名誉指揮者の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。