プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

2019/10/17

世界的に活躍する弦楽四重奏団の一つ、プラジャーク・クヮルテット(Prazak Quartet)が2021年で解散することが明らかにされた。プラハ音楽院の学生たちによって結成されたのは1972年。1975年の「プラハの春」音楽祭で演奏を行って国際的なキャリアをスタートさせた。半世紀にわたる活動で行ったコンサートは3,000超。60タイトルを超える録音を残している。

創設メンバーは、第1ヴァイオリンがヴァーツラフ・レメシュ、第2ヴァイオリンがヴラスティミル・ホレク、ヴィオラがヨセフ・クルソニュ、チェロがミハル・カニュカ。第1ヴァイオリンはパヴェル・フーラヤナ・ヴォナシュコーヴァを経て、現在は女流のヤナ・ヴォナシュコーヴァに交代している。

写真:prazakquartet.com


関連記事

  1. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  2. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  3. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  4. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  5. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  6. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  7. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  8. 訃報 〓 イヴォ・マレク, フランスの作曲家

  9. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  10. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  11. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  12. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  13. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  14. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  15. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。