マドリッド発 〓 「オペラ・アワード」が2022年の年間賞を発表

2022/11/30

英国発の国際的なオペラ賞「Opera Awards=オペラ・アワード」の2022年の年間賞が決まった。表彰式が28日夜、スペインのテアトロ・レアルで行われたが、英国以外で開催されるのは初めて。

賞は2012年の創設で、2023年で第10回となる。英国の月刊誌「オペラ・マガジン」の編集主幹ジョン・アリソンが審査委員長を務め、欧米の音楽批評家たちが選考委員を務めている。

2023年の「オペラ・カンパニー」に選ばれたのは、ウクライナのオデッサとリヴィウの国立オペラ・バレエ。ロシアによる武力侵攻後も困難を乗り越えて活動を続けていることが評価されている。また、「生涯功労賞」が英国のメゾ・ソプラノ歌手、ジャネット・ベイカーに贈られた。

他の主要部門のノミネート、受賞者は以下の通り。



[指揮者]
 ● エドワード・ガードナー
 ● ウンソン・キム
 ● オクサーナ・リーニフ
 ● ヨアナ・マルヴィッツ
 ● カルロ・リッツィ
 ● ダニエレ・ルスティオーニ(受賞)

[演出家]
 ● ロゼッタ・クッキ
 ● シュテファン・ヘアハイム(受賞)
 ● トビアス・クラッツァー
 ● ジェームズ・ロビンソン
 ● サイモン・ストーン
 ● アデル・トマス

[ニュー・プロダクション]
 ● ブレゲンツ音楽祭:プッチーニ《蝶々夫人》
  =演出:アンドレアス・ホモキ
 ● イングリッシュ・ナショナル・オペラ:ポウル・ルーザス《人魚姫》
  =演出:アンニリース・ミスキモン
 ● エクス=アン=プロヴァンス音楽祭:モンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》
  =演出:テッド・ハフマン
 ● グラインドボーン音楽祭:プーランク《人間の声》&《ティレジアスの乳房》
  =演出:クリストフ・ロイ(受賞)
 ● ブルノ国立歌劇場:マルティヌー《ギリシャの受難劇》
  =演出:イリ・ヘジュマン
 ● ザルツブルク音楽祭:プッチーニ《三部作》  
  =演出:クリストフ・ロイ

[女性歌手]
 ● スヴェトラーナ・アクセノワ
 ● ステファニー・ドゥストラック
 ● サビーヌ・ドゥヴィエル(受賞)
 ● フェデリカ・ロンバルディ
 ● アウシュリネ・ストゥンディーテ
 ● プリティ・イェンデ

[男性歌手]
 ● ベンジャミン・ベルンハイム
 ● アラン・クレイトン
 ● ステファン・ドゥグー(受賞)
 ● エネア・スカラ
 ● ラッセル・トーマス
 ● ゲオルク・ツェッペンフェルト

[フェスティバル]
 ● ドニゼッティ音楽祭
 ● ガーシントン・オペラ
 ● ジョルジュ・エネスク音楽祭
 ● ライプツィヒ・オペラ「ワーグナー22」
 ● サンタフェ・オペラ(受賞)
 ● サヴォンリンナ音楽祭

[オペラ全曲録音]
 ● ジェラルド・バリー《不思議の国のアリス》
  =アイリッシュ・ナショナル・オペラ/シグナム=CD
 ● ドビュッシー《ペレアスとメリザンド》
  =レ・シエクル/ハルモニア・ムンディ=CD
 ● ドボルザーク《ルサルカ》
  =テアトロ・レアル/Cメジャー=DVD
 ● オッフェンバック《月世界旅行》
  =モンペリエ国立管弦楽団/ブル・ゼーヌ=CD(受賞)
 ● ウェーバー《魔弾の射手》
  =フライブルク・バロックオーケストラ/ハルモニア・ムンディ=CD
 ● ザンドナーイ《フランチェスカ・ダ・リミニ》
  =ベルリン・ドイツ・オペラ/ナクソス=DVD

[再発見]
 ● ダラピッコラ《ウリッセ》=フランクフルト市立歌劇場(受賞)
 ● アンソニー・デイヴィス《X:マルコムXの生涯》=オデッセイ・オペラ
 ● ギロー&サン=サーンス&デュカス《フレデゴンド》=ドルトムント市立劇場
 ● ランゴー《反キリスト》=ベルリン・ドイツ・オペラ
 ● シュルホフ《炎》=プラハ国立劇場
 ● スマイス《ザ・レッカーズ》=グラインドボーン音楽祭

写真:Opera Awards


  もっと詳しく ▷




関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 エマーソン弦楽四重奏団がリンカーンセンターでお別れコンサート

  2. リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ハンブルク発 〓 ハンブルグ交響楽団がアルゲリッチ迎えて「6月音楽祭」を創設

  4. ロサンゼルス発 〓 ガーセッティ市長がイベントの年内解禁に疑問符

  5. シカゴ発 〓 シカゴ響が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  6. トゥルク発 〓 ヨン・ストルゴールズがトゥルク・フィルの首席指揮者に

  7. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、岡本誠司が優勝

  8. クリーブランド発 〓 クリーブランド管が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ベルリン発 〓 ドナルド・ラニクルスがベルリン・ドイツ・オペラの音楽総監督退任へ

  10. ハーグ発 〓 レジデンティ管が次期首席指揮者に準・メルクル

  11. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2024年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

  12. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  13. パリ発 〓 グスターボ・ドゥダメルがパリ国立オペラの音楽監督に

  14. フランクフルト発 〓 メゾ・ソプラノのクラウディア・マーンケにフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号

  15. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響が無料で5,000席を提供、国民保健サービス関係者向けに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。