ウィーン発 〓 ソプラノのカミラ・ニールンドに「宮廷歌手」の称号

2019/06/08

フィンランド出身のソプラノ歌手カミラ・ニールンド(Camilla Nylund)に「宮廷歌手」の称号が贈られた。ニールンドは現在、ウィーン国立歌劇場のリヒャルト・シュトラウス《影のない女》に出演中で、6日の公演後にドミニク・メイヤー総裁から伝達された。

ニールンドはフィンランド西部ヴァーサの生まれの50歳。トゥルク音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院で学び、ハノーバー歌劇場、ザクセン州立歌劇場の専属歌手として活動。その後、世界各地の歌劇場で出演を重ねている。

ウィーン国立歌劇場デビューは2005年で、リヒャルト・シュトラウス《サロメ》のタイトルロールを歌っている。その後、2008年にドボルザーク《ルサルカ》のタイトルロールでザルツブルク音楽祭にデビュー。2011年にワーグナー《タンホイザー》エリーザベト役でバイロイト音楽祭にもデビューした。

写真:Wiener Staatsoper / Michael Pöhn


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が2019/2020シーズンのラインナップを発表

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、セクハラ問題でレヴァインを解雇

  3. 訃報 〓 ゲルト・ザイフェルト, ドイツのホルン奏者

  4. 白夜の星音楽祭 〓 2018年のスケジュールを発表

  5. ハンブルク発 〓 ハンブルク国際音楽祭が2019年のスケジュールを発表

  6. マンチェスター発 〓 BBCフィルハーモニックの次期音楽監督にオメール・メイア・ヴェルバー

  7. ウィーン発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがハインリヒ・シフの後任に

  8. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ響の新しいコンサート・マスターにマリーナ・グローマン

  9. パリ発 〓 デュトワがフランス国立管を指揮してフランス音楽界復帰

  10. エカテリンブルク発 〓 オペラ・バレエ劇場の首席指揮者にコンスタンチン・チュドノフスキー

  11. マドリード発 〓 サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルのホールが「テレサ・ベルガンサ・オーディトリアム」に

  12. ロンドン発 〓 ロストロポーヴィチ夫妻の遺品にオークションで高値

  13. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  14. ヌスドルフ発 〓 作曲家ワーグナーの最後の孫が死去

  15. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が2018/2019シーズンのラインナップ発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 10月 21日