トロント発 〓 トロント響が歴代の音楽監督5人が共演する特別コンサート

2022/04/11

カナダのトロント交響楽団(Toronto Symphony Orchestra)が9日、歴代の音楽監督5人が共演する特別コンサートを行った。オーケストラの創設100年を記念したイベントで、会場は本拠地のロイ・トムソン・ホール。

顔を揃えたのは、アンドルー・デイヴィス(1975 – 1988)、ギュンター・ヘルビッヒ(1988 – 1994)、ユッカ=ペッカ・サラステ(1994 – 2001)、ピーター・ウンジャン(2004 – 2018)と、2020年から音楽監督を務めるグスターボ・ヒメノ。存命の音楽監督経験者⒍人のうちの5人が集まった形で、小澤征爾(1965 – 1969)だけ参加が適わなかったという。

前半は、デイヴィス、ヘルビッヒが登壇。それぞれベルリオーズ《ローマの謝肉祭》とディーリアスのオペラ《村のロミオとジュリエット》から間奏曲“楽園への歩み”、ワーグナーの歌劇《タンホイザー》序曲を指揮している。

一方、後半は、サラステがシベリウスの組曲《レンミンカイネン》から“レンミンカイネンと島の乙女たち”を指揮。ウンジャンがアレクシナ・ルイの《鳴り響く地球》、スメタナの連作交響詩《わが祖国》から“シャールカ”を取り上げ、ヒメノがラヴェルの《スペイン狂詩曲》で締め括った。

写真:Toronto Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷





関連記事

  1. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで中川優芽花が優勝

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴスティン(77)ロシアの作曲家

  4. ベルリン発 〓 指揮者のロビン・ティチアーティが任期切れ前の2025年の夏で退任、ベルリン・ドイツ交響楽団の音楽監督を

  5. メルボルン発 〓 メルボルン響が首席指揮者のハイメ・マルティーンとの契約を延長

  6. 訃報 〓 ジークフリート・クルツ(92)ドイツの指揮者

  7. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  8. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  9. モスクワ発 〓 ドミンゴもボリショイ劇場での今後の出演見合わせ

  10. ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

  11. ミラノ発 〓 スカラ座のマイヤー総裁が劇場パフォーマーへの迅速なワクチン接種を求める請願書

  12. ベルン発 〓 スイスの劇場閉鎖、2月末まで延長の方向

  13. ヘルシンキ発 〓 第12回「シベリウス国際ヴァイオリン・コンクール」はヤン・インモが優勝

  14. セビリア発 〓 セビリア王立交響楽団の次期芸術監督にマルク・スーストロ

  15. 訃報 〓 エフゲニー・ネステレンコ(83)ロシアのバス歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。