トロント発 〓 トロント響が歴代の音楽監督5人が共演する特別コンサート

2022/04/11

カナダのトロント交響楽団(Toronto Symphony Orchestra)が9日、歴代の音楽監督5人が共演する特別コンサートを行った。オーケストラの創設100年を記念したイベントで、会場は本拠地のロイ・トムソン・ホール。

顔を揃えたのは、アンドルー・デイヴィス(1975 – 1988)、ギュンター・ヘルビッヒ(1988 – 1994)、ユッカ=ペッカ・サラステ(1994 – 2001)、ピーター・ウンジャン(2004 – 2018)と、2020年から音楽監督を務めるグスターボ・ヒメノ。存命の音楽監督経験者⒍人のうちの5人が集まった形で、小澤征爾(1965 – 1969)だけ参加が適わなかったという。

前半は、デイヴィス、ヘルビッヒが登壇。それぞれベルリオーズ《ローマの謝肉祭》とディーリアスのオペラ《村のロミオとジュリエット》から間奏曲“楽園への歩み”、ワーグナーの歌劇《タンホイザー》序曲を指揮している。

一方、後半は、サラステがシベリウスの組曲《レンミンカイネン》から“レンミンカイネンと島の乙女たち”を指揮。ウンジャンがアレクシナ・ルイの《鳴り響く地球》、スメタナの連作交響詩《わが祖国》から“シャールカ”を取り上げ、ヒメノがラヴェルの《スペイン狂詩曲》で締め括った。

写真:Toronto Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷





関連記事

  1. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》をライブ・ストリーミング、ヌッチ、カマレナ出演

  2. ロンドン発 〓 「グラモフォン・アワード2019」の年間賞など発表

  3. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  5. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  6. ミラノ発 〓 スカラ座が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ローマ発 〓 劇場の閉鎖など、イタリア全土で4月3日まで継続

  8. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  9. アナベルク発 〓 エルツゲビルゲ劇場の次期音楽総監督にイェンス・ゲオルク・バッハマン

  10. ロサンゼルス発 〓 アカデミー賞授賞式の指揮台に初の女性指揮者

  11. ハノイ発 〓 ベトナムを代表するオペラ歌手、義兄に刺殺される

  12. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  13. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  14. アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

  15. 訃報 〓 カーライル・フロイド, アメリカの作曲家

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。