ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップ発表、バレンボイム音楽監督30周年で新しい「リング」が登場

2022/04/06

ベルリン州立オペラ(Staatsoper Unter den Linden)が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。新シーズンは11月に80歳を迎えるダニエル・バレンボイムが音楽監督に就任して30周年という節目の年となる。

最大の話題は、ドミトリー・チャルニャコフの新演出によるワーグナーの《ニーベルングの指環》が登場すること。1作ずつではなく、4作が一挙上演される。州立オペラの《ニーベルングの指環》は、2013年の復活祭音楽祭「フェストターゲ」から上演されたギー・カシアス演出のプロダクション以来で、一連の公演の指揮はバレンボイム自身。

シーズン中に合計4回の通し上演が行われ、第1サイクルは10月2日ー9日、第2サイクルは10月15日ー23日、第3サイクルは10月29日ー11月6日、最終サイクルは2023年の「フェストターゲ」の中で、4月4日ー10日にかけて上演される。

キャストも豪華で、ヴォータンにミヒャエル・ヴォッレ、ローゲにローランド・ビリャソン、フリッカにクラウディア・マーンケ、アルベリヒにヨハネス・マルティン・クレンツレ、ミーメにシュテファン・リューガマー、ジークムントにロバート・ワトソン、ジークリンデにヴィダ・ミクネヴィチューテ、フンディングにミカ・カレス、ブリュンヒルデにアニャ・カンペ、ジークフリートにアンドレアス・シャーガー、ヴァルトラウテにエカテリーナ・セメンチュクらが出演する。

他の新制作は以下の通り。

11月20日 – 12月6日
ヴィヴァルディ《ジュスティーノ》
[演出]バルボラ・ホラコヴァー
[指揮]ルネ・ヤーコプス
[出演]クリストフ・デュモー / カテリーナ・カスパー / シヤボンガ・マクンゴ / ベンノ・シャハトナー / ロビン・ヨハンセン

12月4日 – 12月11日
モーツァルト《ポントの王ミトリダーテ》
[演出]宮城聰
[指揮]マルク・ミンコフスキー
[出演]ペネ・パティ / アンジェラ・ブラウアー / エリン・モーリー / ポール=アントワーヌ・ベノス=ディジャン

2023年2月19日 – 3月18日
リヒャルト・シュトラウス《ダフネ》
[演出]ロメオ・カステルッチ
[指揮]トーマス・グガイス
[出演]ヴェラ=ロッテ・ベッカー / ルネ・パペ / リナード・フリーリンク、. / アンナ・キスジュディット / パヴェル・チェルノフ / ローマン・トレーケル

3月19日 – 3月30日
モーツァルト《イドメネオ》
[演出]デイヴィッド・マクヴィカー
[指揮]サイモン・ラトル
[出演]アンドリュー・ステープルズ / マグダレーナ・コジェナー / アンナ・プロハスカ / オルガ・ペレチャッコ / リナード・フリーリンク

写真:Staatsoper Unter den Linden / Bernd Uhlig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  2. ロンドン発 〓 名門「デッカ」がクラウス・マケラと契約、指揮者との契約は約40年ぶり

  3. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  4. ミラノ発 〓 スカラ座が5月、ネトレプコのリサイタルを予定

  5. ナント発 〓 国立ロワール管が新シーズンのラインナップ発表を見送り

  6. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席客演指揮者にヤクブ・フルシャ

  7. 訃報 〓 レオン・フライシャー, 米国のピアニスト

  8. ロサンゼルス発 〓 ジェームズ・コンロンがロサンゼルス・オペラとの契約を延長

  9. ケルン発 〓 指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市との契約を延長

  10. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  11. ベルリン発 〓 ドナルド・ラニクルズがベルリン・ドイツ・オペラとの契約を延長

  12. クレルモン=フェラン発 〓 フランス国立オーベルニュ管弦楽団の次期音楽監督にトマス・ツェートマイアー

  13. モスクワ発 〓 パヴェル・コーガンがモスクワ国立響の芸術監督と首席指揮者を辞任、ウクライナ侵略受けて

  14. ドレスデン発 〓 ティーレマンがカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学の名誉教授に

  15. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。