トロント発 〓 トロント響がアンドルー・デイヴィスにサプライズ・プレゼント

2019/02/08
【最終更新日】2024/04/21

2日に行われたトロント交響楽団の演奏会で、アンドルー・デイヴィス(Andrew Davis)がワーグナーの《ワルキューレの騎行》の指揮を始めたところ、いつの間にかメロディーは「ハッピー・バースデー」に。この日はデイヴィスの75歳の誕生日だった。オーケストラからの粋なプレゼントとなった。デイヴィスは1975年から1988年までトロント交響楽団の音楽監督を務め、現在は桂冠指揮者。

デイヴィスは1944年、ロンドン近郊の街アシュリッジの生まれ。王立音楽院で学んだ後、1970年にBBC交響楽団を指揮してデビュー。トロント交響楽団の音楽監督を務めた後、1989年から2000年までBBC交響楽団の首席指揮者を務めた。2000年からはシカゴ・リリック・オペラ、2012年からメルボルン交響楽団の首席指揮者を務めている。

写真:Toronto Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. サンフランシスコ発 〓 カリフォルニア州で再度のロックダウン、サンフランシスコ・オペラはドライブインシアター 「トスカ」を延期

  2. ルートヴィヒスハーフェン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが次期首席指揮者にマイケル・フランシス

  3. ロンドン発 〓 指揮者のサカリ・オラモがBBC響との契約を延長

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場のゲルブ総裁がプーチン大統領を支援する芸術家、大統領の支援を受ける芸術家や組織との関係を断ち切ると発言

  5. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2月のストリーミング・スケジュールを発表

  6. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  7. ブレーメン発 〓 ドイツ・カンマーフィルの首席客演指揮者にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  8. マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

  9. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場の音楽総監督にヴァシリス・クリストプロス

  10. ベルリン発 〓 リサ・バティアシュヴィリがベルリン・フィルのコンサートマスターに

  11. アムステルダム発 〓 オランダは全土で部分的なロックダウンへ

  12. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. モンテカルロ発 〓 ネトレプコが約2ヵ月ぶりにオペラの舞台に、4回目の声明でロシアでの出演を否定

  14. プラハ発 〓 チェコ・フィルの音楽監督セミヨン・ビシュコフがロシア批判の声明

  15. ウィーン発 〓 オーストリア政府がワクチン接種を受けていない人を対象に外出制限措置

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。