トロント発 〓 トロント響がアンドルー・デイヴィスにサプライズ・プレゼント

2019/02/08

2日に行われたトロント交響楽団の演奏会で、アンドルー・デイヴィス(Andrew Davis)がワーグナーの《ワルキューレの騎行》の指揮を始めたところ、いつの間にかメロディーは「ハッピー・バースデー」に。この日はデイヴィスの75歳の誕生日だった。オーケストラからの粋なプレゼントとなった。デイヴィスは1975年から1988年までトロント交響楽団の音楽監督を務め、現在は桂冠指揮者。

デイヴィスは1944年、ロンドン近郊の街アシュリッジの生まれ。王立音楽院で学んだ後、1970年にBBC交響楽団を指揮してデビュー。トロント交響楽団の音楽監督を務めた後、1989年から2000年までBBC交響楽団の首席指揮者を務めた。2000年からはシカゴ・リリック・オペラ、2012年からメルボルン交響楽団の首席指揮者を務めている。

写真:Toronto Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ソウル発 〓 ソウル市立交響楽団の首席指揮者にオスモ・ヴァンスカ

  2. オスロ発 〓 ロストロポーヴィチのチェロはトルレイフ・テデーンに

  3. パリ発 〓 フランス放送フィルのコンサートマスターに韓国出身のパク・ジユン

  4. ブリュッセ発 〓 モネ劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  5. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2018/2019シーズンのラインアップを発表

  6. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。