モスクワ発 〓 パヴェル・コーガンがモスクワ国立響の芸術監督と首席指揮者を辞任、ウクライナ侵略受けて

2022/04/27

ロシアのモスクワ国立交響楽団が25日、指揮者のパヴェル・コーガン(Pavel Kogan)の芸術監督と首席指揮者辞任を発表した。オーケストラは退団の理由を「マエストロの個人的な決断」としているが、ロシアのウクライナ侵略が背景にあるとみられ、本人は3月初旬にロシアを出国しているという。コーガンは1989年から33年間その任にあった。

1952年、モスクワ生まれの70歳。父親はウクライナ・ドニプロペトロウスク出身の名ヴァイオリニスト、レオニード・コーガンで、名ピアニストのエミール・ギレリスの妹を母に持つ。母方もオデッサ出身で、父方、母方ともにユダヤ系ウクライナ人。

長じてモスクワ音楽院に進み、ヴァイオリンをユーリ・ヤンケレヴィチに師事。1970年のシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールでは、リアナ・イサカゼと1位を分け合っている。その後、イリヤ・ムーシンとレオ・ギンズブルクに指揮法を学び、1972年にソビエト国立交響楽団で指揮者デビューした。

ヴェロニカ・デュダーロワの後を引き継いでから、モスクワ国立交響楽団とは世界55カ国以上にツアーを行い、マーラー交響曲全曲演奏でロシア国家賞を授与されている。1988年から1990年までクロアチアのザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、1998年から2005年にかけて米国のユタ交響楽団の首席客演指揮者も兼任していた。

写真:Moscow State Philharmonic Society


関連記事

  1. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが音楽監督のマルタ・ガルドリンスカとの契約を延長

  2. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  3. 東京発 〓 第33回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はピアノのクリスチャン・ツィメルマン

  4. パリ発 〓 パリ国立オペラのバレエ団の次期芸術監督にジョゼ・マルティネス

  5. ヘルシンキ発 〓 指揮者ハンヌ・リントゥに睡眠薬をめぐる疑惑?、フィンランド国営放送

  6. ヘルシンキ発 〓 スザンナ・マルッキがヘルシンキ・フィルの首席指揮者退任へ

  7. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィルのコンサートマスターに

  8. フランクフルト発 〓 メゾ・ソプラノのクラウディア・マーンケにフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが新シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が4月後半のストリーミング配信のラインナップを発表

  11. フィレンツェ発 〓 演出家の故フランコ・ゼフィレッリの生誕100年、イタリアでは切手も

  12. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールは来年開催へ

  13. ザルツブルク発 〓 ドミンゴに「オーストリア音楽劇場賞」功績賞

  14. パリ発 〓 パリ国立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ノイシュトレリッツ発 〓 ノイブランデンブルク・フィルの新しい音楽監督にダニエル・ガイス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。