トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/04/06

フランスのトゥールーズ・キャピトル劇場(Théâtre du Capitole de Toulouse)が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作、再演を含め、ラインナップは以下の通り。

ドボルザーク《ルサルカ》=新制作
[演出]ステファノ・ポーダ
[指揮]フランク・ベールマン
[出演]アニタ・ハーティグ / アレクセイ・イサエフ / ピョートル・ブシェフスキ / ベアトリス・ユリア=モンゾン / ヤニナ・ベヒレ

プッチーニ《ラ・ボエーム》=新制作
[演出]ルノー・ドゥーセ
[指揮]ロレンツォ・パッセリーニ
[出演]ヴァニナ・サントニ / ケヴィン・アミエル / マリー・ペルボー

モーツァルト《フィガロの結婚》=再演
[演出]マルコ・アルトゥーロ・マレッリ
[指揮]エルヴェ・ニケ
[出演]ミヒャエル・ナジ / カリーヌ・デエ / アナイス・コンスタン / ジュリアン・ヴェロネーゼ / エレオノール・パンクラツィ

ミッテラー《ダフネ》=新制作
[演出]オーレリアン・ポリー
[指揮]ジュフロワ・ジュルダン
[出演]アデル・カルリエ / アンヌ=エマニュエル・ダヴィ / 高橋美千子 / アマンディーヌ・トレーヌ

ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》=再演
[演出]ニコラ・ジョエル
[指揮]フランク・ベールマン
[出演]ソフィー・コッホ / ニコライ・シューコフ / マティアス・ゲルネ / アナイク・モレル

ヴェルディ《椿姫》=再演
[演出]ピエール・ランベール
[指揮]ミケーレ・スポッティ
[出演]ローザ・フェオーラ / アミタイ・パティ / ジャン=フランソワ・ラポワント

ブリテン《ルクレティアの凌辱》=新制作
[演出]アン・デルビー
[指揮]マリユス・スティゲルスト
[出演]アグニエツカ・レーリス / ダンカン・ロック / ドミニク・バルベリ / フィリップ=ニコラ・マルタン

ボーイト《メフィストフェレ》=新制作
[演出]ジャン=ルイ・グリンダ
[指揮]フランチェスコ・アンジェリコ
[出演]ニコラ・クルジャル / ジャン=フランソワ・ボラス / キアーラ・イゾットン / ベアトリス・ユリア=モンゾン

写真:Opéra national du Capitole de Toulouse


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  2. シドニー発 〓 海辺のテラス・レストランに急降下するカモメ対策にパトロール犬

  3. デトロイト発 〓 デトロイト響が音楽監督のヤデル・ビニャミーニとの契約を延長

  4. ボローニャ発 〓 巨匠の没後10年を記念して、ボローニャ市が「クラウディオ・アバド広場」

  5. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが夏の公演を断念、新型コロナウイルスの感染拡大で

  6. ストックホルム発 〓 スウェーデン王立オペラが演奏会形式の《トスカ》を収録、ストリーミング

  7. サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 ガリシア王立フィルハーモニーの次期芸術監督にバルドゥア・ブレニマン

  8. トーレ・デル・ラーゴ発 〓 プッチーニ・フェスティバル開催決定

  9. バルセロナ発 〓 バルセロナ下院がターミナル駅「サンツ駅」を「モンセラート・カバリエ駅」に改称する議案を可決

  10. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップ発表、バレンボイム音楽監督30周年で新しい「リング」が登場

  11. トゥルク発 〓 ヨン・ストルゴールズがトゥルク・フィルの首席指揮者に

  12. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  13. シュトゥットガルト発 〓 州立バレエが音楽監督を解任

  14. ベルリン発 〓 復帰したブロムシュテットがベルリン・フィルの指揮台に。コンサートはストリーミング配信へ

  15. 訃報 〓 ヴィアチェスラフ・オフチニコフ(82)ロシアの作曲家、指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。