トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/04/06

フランスのトゥールーズ・キャピトル劇場(Théâtre du Capitole de Toulouse)が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作、再演を含め、ラインナップは以下の通り。

ドボルザーク《ルサルカ》=新制作
[演出]ステファノ・ポーダ
[指揮]フランク・ベールマン
[出演]アニタ・ハーティグ / アレクセイ・イサエフ / ピョートル・ブシェフスキ / ベアトリス・ユリア=モンゾン / ヤニナ・ベヒレ

プッチーニ《ラ・ボエーム》=新制作
[演出]ルノー・ドゥーセ
[指揮]ロレンツォ・パッセリーニ
[出演]ヴァニナ・サントニ / ケヴィン・アミエル / マリー・ペルボー

モーツァルト《フィガロの結婚》=再演
[演出]マルコ・アルトゥーロ・マレッリ
[指揮]エルヴェ・ニケ
[出演]ミヒャエル・ナジ / カリーヌ・デエ / アナイス・コンスタン / ジュリアン・ヴェロネーゼ / エレオノール・パンクラツィ

ミッテラー《ダフネ》=新制作
[演出]オーレリアン・ポリー
[指揮]ジュフロワ・ジュルダン
[出演]アデル・カルリエ / アンヌ=エマニュエル・ダヴィ / 高橋美千子 / アマンディーヌ・トレーヌ

ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》=再演
[演出]ニコラ・ジョエル
[指揮]フランク・ベールマン
[出演]ソフィー・コッホ / ニコライ・シューコフ / マティアス・ゲルネ / アナイク・モレル

ヴェルディ《椿姫》=再演
[演出]ピエール・ランベール
[指揮]ミケーレ・スポッティ
[出演]ローザ・フェオーラ / アミタイ・パティ / ジャン=フランソワ・ラポワント

ブリテン《ルクレティアの凌辱》=新制作
[演出]アン・デルビー
[指揮]マリユス・スティゲルスト
[出演]アグニエツカ・レーリス / ダンカン・ロック / ドミニク・バルベリ / フィリップ=ニコラ・マルタン

ボーイト《メフィストフェレ》=新制作
[演出]ジャン=ルイ・グリンダ
[指揮]フランチェスコ・アンジェリコ
[出演]ニコラ・クルジャル / ジャン=フランソワ・ボラス / キアーラ・イゾットン / ベアトリス・ユリア=モンゾン

写真:Opéra national du Capitole de Toulouse


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送がヤンソンスの70枚組みのCDボックスをリリース

  2. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  3. 東京発 〓 新国立劇場が6月、7月の公演中止を発表

  4. ワシントン発 〓 ケネディー・センターがナショナル響の楽団員をレイオフ

  5. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ケルン発 〓 ヨーロッパ10都市でのウクライナ国歌演奏を集め連帯をアピール、欧州コンサートホール機構

  7. 訃報 〓 ジャンヌ・ラモン, カナダのヴァイオリニスト / ターフェルムジーク・バロック管弦楽団の前音楽監督

  8. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

  9. ローマ発 〓 チョン・ミョンフンがローマ歌劇場管弦楽団に“デビュー”

  10. ロンドン発 〓 ガーディナー率いるモンテヴェルディ合唱団ら3団体の新しい本拠地は聖マーティン・イン・ザ・フィールズ教会

  11. 東京発 〓 来日したエーテボリ響の公演中止、そのまま帰国へ

  12. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  13. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの楽団員が基本給の25%カットに同意

  14. ベネチア発 〓 フェニーチェ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が5月のスペイン・ツアーをキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。