ウィーン発 〓 国立歌劇場が無料のストリーミング配信再開、劇場閉鎖に合わせて

2021/11/23

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が11月22日から、無料のストリーミング配信をスタートさせた。新型コロナの感染再拡大でオーストリア政府が22日からロックダウン(都市封鎖)に踏み切り、劇場が閉鎖されるのに合わせて。プログラムは以下の通り。

11月22日
オペラ/ワーグナー《ラインの黄金》
[演出]スヴェン=エリック・ ベヒトルフ
[指揮]アダム・フィッシャー
[出演]トマス・コニエチュニー / ノルベルト・エルンスト / ミヒャエラ・シュースター / ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー
 (2016年収録)

11月23日
オペラ/ワーグナー《ワルキューレ》
[演出]スヴェン=エリック・ ベヒトルフ
[指揮]アダム・フィッシャー
[出演]リストファー・ヴェントリス / リンダ・ワトソン / トマス・コニエチュニー /  ヴァルトラウト・マイヤー
 (2016年収録)

11月24日
オペラ/ワーグナー《ジークフリート》
[演出]スヴェン=エリック・ ベヒトルフ
[指揮]アダム・フィッシャー
[出演]クリスティアン・フランツ / リンダ・ワトソン / トマス・コニエチュニー /  ヘルヴィヒ・ペコラーロ
 (2016年収録)

11月25日
オペラ/ワーグナー《神々の黄昏》
[演出]スヴェン=エリック・ ベヒトルフ
[指揮]アダム・フィッシャー
[出演]クリスティアン・フランツ / リンダ・ワトソン / ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー / エリック・ハーフヴァーソン
 (2016年収録)

11月26日
オペラ/ドニゼッティ《愛の妙薬》
[演出]オットー・シェンク
[指揮]マルコ・アルミリアート
[出演]ヴァレンティナ・ナフォルニツァ / スティーヴン・ コステロ / マルコ・カリーア / アーウィン・シュロット
 (2016年収録)

11月27日
バレエ/ミンクス《ドン・ キショット》
[振付]ルドルフ・ヌレエフ
[指揮]ケヴィン・ローデス
[出演]マリア・ヤコヴレワ / デニス・チェレビチコ / オルガ・エシナ / カミル・パヴェルカ
 (2016年収録)

11月28日
オペラ/ワーグナー《さまよえるオランダ人》
[演出]クリスティーネ・ミーリッツ
[指揮]グレアム・ジェンキンス
[出演]ブリン・ターフェル / ペーター・ローズ / リカルダ・メルベート / ノルベルト・エルンスト
 (2014年収録)

写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が無料のストリーミング配信を開始、その名も“ストリーミング・フェスティバル”

  2. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  3. エッセン発 〓 エッセン州がアールト音楽劇場の専属歌手三人に「宮廷歌手」の称号

  4. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール、1位はドガーディン、2位に北川

  5. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  6. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  7. 東京発 〓 第19回「東京国際音楽コンクール」はブラジルのジョゼ・ソアーレスが優勝

  8. サンタンデール発 〓 第20回「パロマ・オシェイ・サンタンデール国際ピアノ・コンクール」でカナダ出身のイェーデン・イジク=ドズルコが優勝

  9. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  10. 訃報 〓 ジョン・キンセラ, アイルランドの作曲家

  11. 訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー, ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

  12. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  14. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  15. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。