訃報 〓 ハンス・シュタットルマイア, オーストリアの指揮者

2019/02/20

指揮者のハンス・シュタットルマイア(Hans Stadlmair)が13日、ミュンヘンの自宅で亡くなった。89歳だった。シュタットルマイアはオーストリアのノイホーフェン・アン・デア・クレムスの生まれ。ウィーン音楽院でクレメンス・クラウスとアルフレート・ウールに指揮法を学び、作曲をヨハン・ネポムク・ダーフィトに学んだ。

1955年にミュンヘン室内管弦楽団の首席指揮者に就任。その後、1995年まで首席指揮者を務め、1976年にはザルツブルク音楽祭にデビュー、その後も客演を重ねた。また、リストの弟子だったスイスの作曲家ヨアヒム・ラフ(Joseph Raff)の11曲の交響曲を録音したことで知られる。2011年、2006年に作曲した管弦楽曲《ミロ》がクリスティアン・ティーレマンが指揮するミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団によって初演された。

写真:Münchner Kammerorchester


関連記事

  1. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 2018年の音楽祭が終了、来年のテーマは「月光」

  2. ブリュッセル発 〓 マーク・グレイの《フランケンシュタイン》を世界初演

  3. モスクワ発 〓 第16回チャイコフスキー国際コンクールが閉幕、藤田真央がピアノ部門で2位に

  4. バイロイト音楽祭 〓 来年の《タンホイザー》はアクセル・コーバーが指揮!?

  5. バイロイト音楽祭 〓 来年の《ローエングリン》でネトレプコが音楽祭デビュー

  6. マインツ発 〓 作曲家イェルク・ヴィトマンに第4回「ロベルト・シューマン」賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。