ミラノ発 〓 スカラ座は7日の新シーズン開幕に向けて準備万端、ネトレプコも肩の手術から現場復帰

2021/12/01

ミラノ・スカラ座(Teatro alla Scala)が7日の新シーズン開幕に向けて着々と準備を進めている。開幕公演は新制作のヴェルディ《マクベス》で、指揮は音楽監督のリッカルド・シャイー。肩の手術を受けたばかりで出演が心配されていたマクベス夫人役のアンナ・ネトレプコも現場復帰、開幕を待つだけだとか。

新制作の《マクベス》の演出を手掛けるのは、ダヴィデ・リヴァモア。物語の舞台を現代の大都会に移したもので、ダニエル・エズラロウの振付で、ネトレプコがダンスを披露する場面も設定されているという。

ネトレプコ以外の歌手陣も豪華で、侍女役にキアーラ・イゾットン、マクベス役にルカ・サルシ、バンコー役にイルダル・アブドラザコフ、マクダフ役にフランチェスコ・メーリが起用されている。

スカラ座は例年、街の守護聖人「聖アンブロジオ」の祭日である12月7日に開幕するのが恒例。しかし、ドミニク・マイヤー(ウィーン国立歌劇場前総裁)を新総裁に迎えた2020/2021シーズンは、新型コロナウイルスの世界的流行でヤニス・コッコスの新演出によるドニゼッティ《ランメルモールのルチア》が上演できず、無観客でスペシャル・ガラ・コンサートを行った。

現在のイタリアの1日当たりの感染者は1万人前後。感染者の急増でロックダウンを行っているドイツ、オーストリア、オランダに比べると、比較的落ち着いている状況。

写真:Teatro alla Scala / Marco Brescia & Rudy Amisano


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  2. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  3. ベルリン発 〓 ドイツが過去最大規模の21億ユーロで文化支出を支援

  4. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響が2020年のすべての公演をキャンセル

  5. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  6. ミラノ発 〓 スカラ座の《サロメ》は指揮者がメータからシャイーに

  7. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  8. パリ発 〓 パリ国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ハンブルグ発 〓 ハンブルグ市がメルケル首相をテーマにしたオペラを制作

  10. バレンシア発 〓 バレンシア管弦楽団の次期首席指揮者にアレクサンダー・ リーブライヒ

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がラインナップ発表、“Nightly Met Opera Streams”の第13週、第14週

  12. 訃報 〓 ハリー・クプファー, ドイツの演出家

  13. 訃報 〓 アンソニー・ペイン, 英国の作曲家

  14. ロンドン発 〓 ウィグモア・ホールが全公演をキャンセル、閉鎖は7月末まで

  15. 訃報 〓 イヴリー・ギトリス, イスラエルのヴァイオリニスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。