ミラノ発 〓 スカラ座は7日の新シーズン開幕に向けて準備万端、ネトレプコも肩の手術から現場復帰

2021/12/01

ミラノ・スカラ座(Teatro alla Scala)が7日の新シーズン開幕に向けて着々と準備を進めている。開幕公演は新制作のヴェルディ《マクベス》で、指揮は音楽監督のリッカルド・シャイー。肩の手術を受けたばかりで出演が心配されていたマクベス夫人役のアンナ・ネトレプコも現場復帰、開幕を待つだけだとか。

新制作の《マクベス》の演出を手掛けるのは、ダヴィデ・リヴァモア。物語の舞台を現代の大都会に移したもので、ダニエル・エズラロウの振付で、ネトレプコがダンスを披露する場面も設定されているという。

ネトレプコ以外の歌手陣も豪華で、侍女役にキアーラ・イゾットン、マクベス役にルカ・サルシ、バンコー役にイルダル・アブドラザコフ、マクダフ役にフランチェスコ・メーリが起用されている。

スカラ座は例年、街の守護聖人「聖アンブロジオ」の祭日である12月7日に開幕するのが恒例。しかし、ドミニク・マイヤー(ウィーン国立歌劇場前総裁)を新総裁に迎えた2020/2021シーズンは、新型コロナウイルスの世界的流行でヤニス・コッコスの新演出によるドニゼッティ《ランメルモールのルチア》が上演できず、無観客でスペシャル・ガラ・コンサートを行った。

現在のイタリアの1日当たりの感染者は1万人前後。感染者の急増でロックダウンを行っているドイツ、オーストリア、オランダに比べると、比較的落ち着いている状況。

写真:Teatro alla Scala / Marco Brescia & Rudy Amisano


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  2. 香港発 〓 ホンコン・アート・フェスティバルが中止を発表

  3. 東京発 〓 NHK交響楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  4. ウィーン発 〓 オーストリア政府がウィーン放送響の廃止否定の声明

  5. リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  7. ザルツブルク発 〓 若手指揮者コンクール「カラヤン若手指揮者アワード」に韓国のユン・ハンギョル

  8. パリ発 〓 国立オペラがバスティーユ歌劇場に作曲家サーリアホの記念スペース

  9. ウィーン発 〓 話題の《ピーター・グライムズ》で国立歌劇場合唱団に19人の陽性反応、あわや上演中止の危機に

  10. 訃報 〓 ハンスゲオルグ・シュマイザー(63)オーストリアのフルート奏者

  11. 訃報 〓 ルドルフ・ヴァインスハイマー(91)ドイツのチェロ奏者、「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」の創設者

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送がヤンソンスの70枚組みのCDボックスをリリース

  13. マルセイユ発 〓 マルセイユ・オペラの次期音楽監督にイタリアの指揮者ミケーレ・スポッティ

  14. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  15. ロンドン発 〓 英政府が「女王誕生日の叙勲」リストを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。