アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが新作の《トスカ》と《魔弾の射手》の無料ストリーミングを開始

2022/06/30

オランダ国立オペラが新作の無料ストリーミングを始めた。配信が始まったのは、バリー・コスキー演出のプッチーニ《トスカ》キリル・セレブレンニコフ演出のウェーバー《魔弾の射手》の2作品で、ともに鬼才が新演出を手掛けた話題作。《魔弾の射手》はロシアを出国してドイツに拠点を移したセレブレンニコフの、オランダ国立オペラ・デビューとなるプロダクション。

コスキー演出の《トスカ》は4月に公演が行われ、主役トスカにマリン・ビストレム、カヴァラドッシにジョシュア・ゲレーロ、スカルピアにゲヴォルグ・ハコブヤンを起用。ロレンツォ・ヴィオッティがネーデルラント・フィルハーモニー管弦楽団を指揮している。配信はZDFのホームページを通して行われ、9月16日まで視聴可能。

一方の《魔弾の射手》は、OperaVisionのYouTubeチャンネルを通して行われる。パトリック・ハーンがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮した公演で、ベンヤミン・ブルンス、ヨハンニ・フォン・オオストラム、ギュンター・グロイスベック、ジェイムズ・プラット、イン・ファン他が出演している。9月25日まで視聴可能。

セレブレンニコフはプーチン政権を批判したことで国家予算横領の罪を問われ、2017年8月から2019年4月まで自宅軟禁状態に置かれたが、この4月に出国、今後はドイツを拠点に活動していくことを明らかにした。軟禁中もオペラの演出を続け、昨年4月にはウィーン国立歌劇場でワーグナーの《パルジファル》、今年1月にはバイエルン州立オペラでショスタコーヴィチの《鼻》を手掛けている。

また、監督した映画がカンヌ映画祭で話題をさらうなど、国際的に高い評価を受けており、最新作「インフル病みのペトロフ家」は日本で上演中。自宅軟禁中に脚本を書き、闇に隠れて撮影された作品で、2021年のカンヌ国際映画祭でフランス映画高等技術委員会賞に輝いている。

写真:Dutch National Opera &Ballet / Marco Borggreve


関連記事

  1. ベオグラード発 〓 ベオグラード・フィルが首席指揮者のガブリエル・フェルツとの契約を延長

  2. 東京発 〓 ドミンゴとカレーラスが来年1月、日本で「三大テノール」偲んで「パヴァロッティに捧げるコンサート」

  3. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」は史上初の無観客で

  4. ストラスブール発 〓 ストラスブール・フィルが音楽監督のアジス・ショハキモフとの契約を延長

  5. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  6. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  7. サンディエゴ発 〓 サンディエゴ交響楽団の新しい本拠地「レイディ・シェル」がオープン

  8. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  10. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  11. ロンドン発 〓 オペラ・ホーランド・パークが2022年の公演ラインナップを発表

  12. ハールレム発 〓 北オランダ管の次期首席指揮者のノルウェーのエイヴィン・グルベルグ=イェンセン

  13. ドレスデン発 〓 聖十字架合唱団の第29代「クロイツカントル」にマーティン・レーマン

  14. トゥールーズ発 〓 トゥールーズ市長、トゥガン・ソヒエフにロシアのウクライナ侵略についてのコメント発表を要請

  15. ロサンゼルス発 〓 映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズ、作曲活動からの引退を撤回

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 7月 01日