ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの次期芸術監督にファン・ディエゴ・フローレス

2021/12/01

ロッシーニ・オペラ・フェスティバル(Rossini Opera Festival)が次期芸術監督にテノール歌手のファン・ディエゴ・フローレス(Juan Diego Flórez)を迎えると発表した。2016年からその任にあり、現在は総裁も務めるエルネスト・パラシオ(Ernesto Palacio)の後任で、任期は2022年1月1日からスタートする。

フローレスは1973年、ペルーの首都リマ生まれの48歳。リマの音楽院で学び、ポップス界へのデビューを図るも、同郷の先輩であるテノール歌手のパラシオの勧めでオペラの道に進み、1996年のロッシーニ・オペラ・フェスティバルでプロ・デビューした。

その後、伸びやかな声と輝かしい高音で一躍注目を集め、瞬く間に著名な歌劇場を席巻。ドニゼッティ《連隊の娘》の、超高音を9回連続歌うことができる数少ないテノール歌手の一人で、ベルカント・オペラを中心に世界の歌劇場に出演を重ねている。ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの常連でもある。

写真:Juan Diego Flórez Official site


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  2. ウィーン発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズがついにウィーン・フィルを指揮

  3. ヘルシンキ発 〓 国立歌劇場の首席指揮者にハンヌ・リントゥ

  4. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  5. ニューヨーク発 〓 モーストリー・モーツァルト・フェスティバルも開催中止

  6. ルツェルン発 〓 イタリアから戻ったオーケストラがオペラから降板、新型コロナウイルスの感染拡大で

  7. ベルリン発 〓 州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  9. モントリオール発 〓 モントリオール響がロシアの若手ピアニストの出演をキャンセル、ウクライナ・コミュニティーと楽団員の反発で

  10. ノボシビルスク発 〓 ネトレプコのロシアでの公演中止へ、戦争批判声明への“報復”か?

  11. 訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ, イタリアのテノール歌手

  12. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー響が2020/2021シーズンをキャンセル

  13. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が7月、ガッティ指揮によるオペラの野外上演をシエナ広場で計画

  14. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの第2バイオリンの首席奏者クリストフ・コンツが指揮活動

  15. 訃報 〓 マルティン・トゥルノフスキー, チェコ出身の指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。