ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場がモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》の新作をライブ・ストリーミング

2021/02/09

ジュネーブ大劇場(Grand Théâtre de Genève)がモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》の新作をライブ・ストリーミングすると発表した。コロナ禍が収まれば、3月1日に公開される予定だったもの。新演出を手掛けるのはミロ・ラウ。マキシム・エメリャニチェフがスイス・ロマンド管弦楽団を指揮する。

配信は19日、劇場のWebサイト「GTGDigital」とMEZZO TVを通じて行われる。歌手陣は、タイトルロールにベルナール・リヒターを起用。ヴィッテリアをセレナ・ファルノッキア、セストをアンナ・ゴリャチョーワ、セルヴィリアをマリー・リス、アンニオをセシリア・モリナーリ、プブリオをジャスティン・ホプキンスが歌う。

写真:Grand Théâtre de Genève / Aurélien Bergot


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  2. パレルモ発 〓 マッシモ劇場が新制作の《エルナーニ》をライブ・ストリーミング

  3. クリーブランド発 〓 クリーブランド管弦楽団がヨーロッパ・ツアーを中止

  4. ワシントン発 〓 ケネディー・センターが人気ミュージカル「ハミルトン」の上演を断念

  5. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  6. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが来年年4月までの公演のキャンセルを発表

  7. ニューヨーク発 〓 ルネ・フレミングがメトロポリタン歌劇場の新作オペラに

  8. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード2020」、ノミネート作品を発表

  9. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  10. ブカレスト発 〓 国立歌劇場のスタッフが新型コロナウイルスに感染、当面の公演をキャンセル

  11. 高雄発 〓 台湾最大の総合芸術センターがオープン

  12. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが総裁二人に名誉会員の称号

  13. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウがリベンジへ、来年5月に「マーラー・フェスティバル」

  14. モスクワ発 〓 ヴァイオリニストのアナスタシア・チェボタリョーワが逮捕 !?

  15. ジュネーブ発 〓 スイス・ロマンド管弦楽団がジョナサン・ノットとの契約を延長、任期に期限なし

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。