ロンドン発 〓 ユロフスキがロンドン・フィルと《リング》チクルス

2019/11/07

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(London Philharmonic Orchestra)が2021年1月末から2月初旬にかけ、首席指揮者のウラディーミル・ユロフスキ(Vladimir Jurowsky)の指揮で、ワーグナー《ニーベルングの指環》全4部作の通し上演に挑むことになった。ユロフスキは2021/2022シーズンからバイエルン州立歌劇場の音楽総監督に就任することが決まっている。

会場は彼らの本拠地であるロイヤル・フェスティバル・ホール。上演はセミ・ステージ・スタイルで行われる。4部作を通し上演するサイクルは2回行われ、1回目のサイクルは、1月25日(ラインの黄金)、27日(ワルキューレ)、29日(ジークフリート)、31日(神々の黄昏)。2回目は2月5日、6日、8日、10日に行われる。

[ラインの黄金] 1月25日・2月5日
 ヴォータン:デレク・ウェルトン
 アルベリヒ:ロバート・ヘイワード
 ローゲ:クリスティアン・エルスナー
 ファーゾルト:アンドリー・ゴンジュコフ
 ファーフナー:アンドリュー・ハリス
 ミーメ:エイドリアン・トンプソン
 フリッカ:カイ・リューテル
 エルダ:パトリシア・バードン
 フライア:イヴォナ・ソボトカ
 フロー:アラン・クレイトン
 ドンナー:ボリス・ピンハソヴィチ
 ヴォークリンデ:アリーナ・アダムスキー
 ヴェルグンデ:エリザベス・アサートン
 フロースヒルデ:アンハラード・リドン

[ワルキューレ] 1月27日・2月6日
 ジークムント:ブルクハルト・フリッツ
 ジークリンデ:ルクサンドラ・ドノーセ
 フンディング:ブラインドリー・シャラット
 ヴォータン:マシュー・ローズ
 フリッカ:カイ・リューテル
 ブリュンヒルデ:Svetlana Sozdateleva
 ゲルヒルデ:ナターリャ・ロマニウ
 ヘルムヴィーゲ:シネイド・キャンベル=ウォレス
 オルトリンデ:Gabriela Iştoc
 ヴァルトラウテ:クレア・バーネット=ジョーンズ
 ジークルーネ:Angela Simkin
 ロスヴァイセ:ウォリス・ジュンタ
 シュヴェルトライテ:クラウディア・ハックル
 グリムゲルデ:レイチェル・ロイド


[ジークフリート] 1月28日・2月8日
 ジークフリート:トルステン・ケール
 ミーメ:エイドリアン・トンプソン
 さすらい人:未定
 アルベリヒ:ロバート・ヘイワード
 ファーフナー:アンドリュー・ハリス
 ブリュンヒルデ:エレナ・パンクラトヴァ
 エルダ:パトリシア・バードン
 森の小鳥:アリーナ・アダムスキー


[神々の黄昏] 1月31日・2月10日
 ジークフリート:トルステン・ケール
 グンター:スティーヴン・ガッド
 ハーゲン:ブリンドリー・シェラット
 アルベリヒ:ロバート・ヘイワード
 ブリュンヒルデ:リーゼ・リンドストローム
 グートルーネ:アンナ・サムイル
 ヴァルトラウテ:カイ・リューテル
 第1のノルン:アンハラード・リドン 
 第2のノルン:ウォリス・ジュンタ
 第3のノルン:エリザベス・アサートン


写真:London Philharmonic Orchestra / Chri


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボーンマス発 〓 ボーンマス響の次期首席指揮者にマーク・ウィッグルスワース

  2. 訃報 〓 ジョン・ジョージアディス(81)英国の指揮者・ヴァイオリニスト

  3. ベルファスト発 〓 アルスター管が次期首席指揮者にダニエレ・ルスティオーニ

  4. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  5. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  6. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  7. ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

  8. ロンドン発 〓 ロンドン響に二人の新しいコンサートマスター

  9. ルイス発 〓 グラインドボーン音楽祭が来年2025年の公演ラインナップを発表

  10. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  11. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  12. ロンドン発 〓 英政府が「女王誕生日の叙勲」リストを発表

  13. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  14. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  15. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラの首席客演指揮者にスペランツァ・スカップッチ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。