訃報 〓 アーロン・ローザンド, 米国のヴァイオリニスト

2019/07/11

米国ヴァイオリン界の最長老の一人、アーロン・ローザンド(Aaron Rosand)が9日亡くなった。92歳だった。肺炎が原因という。ローザンドは1927年、インディアナ州ハモンドの生まれ。父親はポーランド、母親はロシアからの移民で、シカゴで育った。早くからその音楽的才能が注目を集め、10歳の時にメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を弾いてシカゴ交響楽団と共演。その後、シカゴ音楽大学を経て、カーティス音楽院に入学、エフレム・ジンバリストに師事した。

プロ・デビューは1948年、ニューヨークで。1958年にはカーネギー・ホールで初めてのリサイタルを開いている。演奏活動の傍らで、1981年から母校のカーティス音楽院、1986年からマネス音楽学校で後進の指導に当たり、マスタークラスの講師や国際的なコンクールの審査員としても活躍した。引退は2009年で、その時に1950年代から使ってきた1741年製のグァルネリ・デル・ジェス「エクス・コハンスキ」を1000万ドルで売却し、150万ドルを母校のカーティス音楽院に寄付している。

写真:Curtis Institute of Music





関連記事

  1. バルセロナ発 〓 バルセロナ交響楽団、2018/2019シーズンのコンサート・スケジュールを発表

  2. 訃報 〓 クリスティアン・シュターデルマン, ドイツのヴァイオリン奏者

  3. 訃報 〓 ヒルデ・ザデク, ドイツのソプラノ歌手

  4. ロンドン発 〓 18歳のチェリスト、カネー=メイソンのデビュー・アルバムが快走

  5. ワシントン発 〓 女性9人がドミンゴのセクハラを告発

  6. パリ発 〓 新しい“リング”含め、パリ国立オペラが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  7. バイロイト音楽祭 〓 ロベルト・アラーニャの代役にピョートル・ベチャワ

  8. ダラス発 〓 ヴォータンの代役が出番ギリギリで会場到着

  9. 浜松発 〓 第10回の国際ピアノ・コンクールはトルコのジャン・チャクムルが優勝

  10. マドリード発 〓 イベリア航空が自社初のA350を「プラシド・ドミンゴ」号と命名

  11. ハーグ発 〓 レジデンティ管弦楽団の次期首席指揮者にアーニャ・ビールマイアー

  12. グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

  13. ミラノ発 〓 スカラ座が新シーズンのラインアップを発表

  14. 東京発 〓 読売日本交響楽団が次期常任指揮者にヴァイグレ

  15. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  1. 上に書いてしまいましたが、何より彼の演奏を聴いてみるべきでしょう。艶やかで、暖かな音色に酔い痴れました。
    C.D あれば買い求めたく思います。

  2. 7月5日 NHK名演奏ライブラリーで聴きました。知的で暖かく瑞々しい音、曲の解釈も素晴らしいと思いました。テープに入れて繰り返し聴いています。久し振りにうっとり出来ました。有難いと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。