訃報 〓 アーロン・ローザンド, 米国のヴァイオリニスト

2019/07/11

米国ヴァイオリン界の最長老の一人、アーロン・ローザンド(Aaron Rosand)が9日亡くなった。92歳だった。肺炎が原因という。ローザンドは1927年、インディアナ州ハモンドの生まれ。父親はポーランド、母親はロシアからの移民で、シカゴで育った。早くからその音楽的才能が注目を集め、10歳の時にメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を弾いてシカゴ交響楽団と共演。その後、シカゴ音楽大学を経て、カーティス音楽院に入学、エフレム・ジンバリストに師事した。

プロ・デビューは1948年、ニューヨークで。1958年にはカーネギー・ホールで初めてのリサイタルを開いている。演奏活動の傍らで、1981年から母校のカーティス音楽院、1986年からマネス音楽学校で後進の指導に当たり、マスタークラスの講師や国際的なコンクールの審査員としても活躍した。引退は2009年で、その時に1950年代から使ってきた1741年製のグァルネリ・デル・ジェス「エクス・コハンスキ」を1000万ドルで売却し、150万ドルを母校のカーティス音楽院に寄付している。

写真:Curtis Institute of Music





関連記事

  1. グラフェネッグ音楽祭 〓 2019年の概要を発表

  2. パリ発 〓 パリ国立オペラのコンサート・マスターにペッテリ・イーヴォネン

  3. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  4. シカゴ発 〓 サンフランシスコ響の楽団員、シカゴ響の楽団員のストを支援

  5. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  6. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫のオペラ《松風》が日本初演

  7. 訃報 〓 フランスの作曲家、ミシェル・ルグラン

  8. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫が「国際交流基金賞」を受賞

  9. デトロイト発 〓 スラトキンがバイパス手術で4月、5月の公演をキャンセル

  10. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ロングボロー・オペラ 〓 今年から新しい「リング・チクルス」がスタート

  12. パリ発 〓 デュトワの復帰、波高し

  13. チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

  14. ウィーン発 〓 ビリャソンが手術で休養

  15. ワイマール発 〓 未完に終わっていたリストのオペラを世界初演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。