台北発 〓 インバルが台北市立響と契約更改、2025年まで任期を延長

2022/04/21

指揮者のエリアフ・インバル(Eliahu Inbal)が首席指揮者を務める台北市立交響楽団(Taipei Symphony Orchestra)との契約を延長した。インバル2018年からその任にあり、今回の契約更改で任期は3年延びて、2025年7月までとなる。

インバルは1936年、エルサレム生まれの86歳。現在はイギリスの市民権を取得している。パリ高等音楽院で学び、1964年の「グィード・カンテッリ国際指揮者コンクール」で優勝。1974年にフランクフルト放送交響楽団の音楽監督に就任、1990年の離任まで黄金時代を築いた。

その後、イタリア・ベネチアのフェニーチェ劇場管弦楽団 (1984-89)、ベルリン交響楽団(2001-2006)、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(2009-2012)、東京都交響楽団(2008-2014)の音楽監督、首席指揮者を歴任した。東京都交響楽団からは2014年に桂冠指揮者の称号を贈られている。

台北には国家交響楽団(フィルハーモニア台湾)、台北市立交響楽団、長栄交響楽団(エヴァグリーンオーケストラ)3つのオーケストラがあり、台北市立交響楽団は1969年の設立。インバルは昨年11月、台北市立交響楽団とベートーヴェンの交響曲第6番、第7番を初めてライブ録音、ストリーミングされている。

写真:Taipei Symphony Orchestra



関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第5週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《ファウスト》はライブで

  2. 浜松発 〓 国際ピアノ・コンクール中止の浜松で、初の国際ピアノ・フェスティバルを開催

  3. ウィーン発 〓 ウィーン少年合唱団が2021年の海外ツアーをすべてキャンセルも、10月にニュー・アルバムをリリース

  4. ベルガモ発 〓 ドミンゴがバリトンの新しい役に挑戦

  5. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  6. ストックホルム発 〓 ピアノのイゴール・レヴィットがノーベル賞の授賞式で演奏

  7. ボストン発 〓 フェニックス管弦楽団の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  8. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  9. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ベルリン発 〓 州立オペラの次期インテンダントにオーストリアの女流演出家エリザベート・ソボトカ

  11. ニューヨーク発 〓 グスターボ・ドゥダメルが2026年からニューヨーク・フィルの音楽監督・芸術監督に

  12. パリ発 〓 国立オペラが演奏会形式で《ニーベルングの指環》4部作を通し上演

  13. フランクフルト発 〓 ドイツの歌劇場再開は6月以降

  14. ロンドン発 〓 英国はイングランドでロックダウン、劇場も閉鎖

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルに初の女性コンサートマスター、第1ヴァイオリンのヴィネタ・サレイカ=フォルクナーが昇格

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。