テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

2020/01/18

イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団(Israel Philharmonic Orchestra)が17日、弦楽セクションの大規模な若返り人事を行って話題をさらっている。交代するのは、第2ヴァイオリンの首席、チェロの首席と副首席、ヴィオラの首席、コントラバスの首席。2020/2021シーズンから31歳のラハフ・シャニ(Lahav Shani)が音楽監督に就任することが決まっており、今回の人事も新体制づくりの一環。

イスラエル・フィルは1936年、イギリス委任統治領パレスチナに創設されたパレスチナ管弦楽団がその前身。ヴァイオリンの巨匠ブロニスワフ・フーベルマンが発足人となり、ヨーロッパ各地を追われたユダヤ人音楽家がそこに集まった。1948年のイスラエル建国と同時に現在の名称に、1968年にズービン・メータが音楽顧問に就任した。昨年2019年10月に完全引退するまで、メータが音楽監督、終身音楽監督を長く務め、50年にわたってオーケストラを牽引してきた。

写真:Israel Philharmonic Orchestra / Hanoch Grizitzky

関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座の合唱団メンバーから陽性反応、新型コロナウイルス

  2. ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

  3. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  4. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  5. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  6. カーディフ発 〓 BBCウェールズ・ナショナル管の次期首席指揮者にライアン・バンクロフト

  7. ウィーン発 〓 ウィーン響の第一コンサート・マスターにダリボル・カルヴァイ

  8. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  9. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  11. 訃報 〓 オトマール・マーガ, ドイツの指揮者

  12. アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

  13. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管のコンサートマスターにアンドレア・オビソ

  14. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが5月いっぱい閉鎖、「マーラー音楽祭」もお流れ

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。