ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがトゥガン・ソヒエフの出演をキャンセル

2022/03/19

ニューヨーク・フィルハーモニックがロシアの指揮者トゥガン・ソヒエフ(Tugan Sokhiev)の出演をキャンセルした。ソヒエフは3月31日から4月2日に指揮台に立つ予定だった。声明では、「現在の世界情勢を考慮し、(降板は)ソヒエフ氏との話し合いの結果」という。同時に「来シーズン彼を迎えることをとても楽しみにしています」と述べている。

ソヒエフは6日、フランス・トゥールーズ市長から、ロシアのウクライナ侵略をめぐり、プーチン政権との距離を明確にするコメントを発表するよう求められたが、それを行わず、トゥールーズ・キャピトル管弦楽団、ボリショイ劇場の音楽監督を即時辞任した。

ソヒエフの代役に起用されるのは、アンナ・ラキティナ(Anna Rakitina)。中国・上海出身のピアニスト张昊辰(チャン・ハオチェン)をソリストに迎えるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、プロコフィエフの交響曲第5番といったプログラムを指揮する。

ラキティナはモスクワ出身の32歳。モスクワのチャイコフスキー音楽院を経て、ハンブルク音楽演劇大学で学び、ベルナルト・ハイティンク、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー、ウラディーミル・ユロフスキらに師事、2018年のニコライ・マルコ国際青年指揮者コンクールで第2位を獲得している。

写真: Marco Borggreve


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップ発表、バレンボイム音楽監督30周年で新しい「リング」が登場

  2. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭の新しい音楽監督にダニエレ・ガッティ

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場のボグダン・ロシュチッチ総監督が契約を延長

  4. ザルツブルク発 〓 1592年にオープンの老舗楽譜店が閉店

  5. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがネット上で「マーラー・デジタル・フェスティバル」

  6. ゲーラ発 〓 アンテンブルク・ゲーラ市立劇場の音楽総監督にルーベン・ガザリアン

  7. ローマ発 〓 ローマ歌劇場は14日に再開場、続いて野外公演

  8. マドリード発 〓 テアトロ・レアルの次期音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  9. バーデン=バーデン発 〓 来年の復活祭音楽祭のオペラはチャイコフスキー《マゼッパ》

  10. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2月のストリーミング・スケジュールを発表

  11. 訃報 〓 ブラムウェル・トーヴィー, 英国の指揮者

  12. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送響の演奏会でウクライナ国歌を演奏、連帯のメッセージ送る

  13. ホノルル発 〓 ハワイ・オペラ・シアターが2020/2021シーズンの断念を発表

  14. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  15. サンタフェ・オペラ 〓 2022年の公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。